10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第参回提督会議と廿時間遠征

2014年02月25日
2月20日もいつもの日々。

相変わらず「扶桑さんがでないー!」と叫びつつ、2-2と2-3を満潮さん艦隊と伊勢さん(Lv上げの為)艦隊で周回していました。

「やはり扶桑さん描くべきかなあ。でも扶桑さんも胸部装甲が……駆逐艦娘さんなら描くの楽なんだけど」

などど思いつつ、もう何度目になるか分らない東部オリョール海(2-3)へと進撃。初戦の敵巡洋艦隊(B)を無傷で退け、特に期待もせずドロップ待ち……が、えっ?!

とうとう扶桑さん、降臨!

「扶桑さん!? なんで?」

戦艦はボス戦だけではと思い慌ててWikiを見ると、伊勢さん、扶桑さん、山城さんは道中戦でも普通にドロップするのですね。今まで戦艦は全てボス戦で入手していましたので(Wikiで目にしていたはずなのに)勘違いしていました。

進撃を中止して扶桑さんの錬成を始めようかと思いましたが、いったん戻ると疲労度の関係でまた出撃までに時間が必要です。(間宮さんはあまり使わないように……というか、使わなければいけないほど疲労させないようにしています)

浮かれながら進撃を続け、らしんばん(邪悪)の加護も受けて無事に敵主力打撃群(G)へ。
こちらも危なげなく下し、すでに扶桑さんを手に入れ、一応の目的は達していたので軽い気持ちでドロップを待っていると、

キリクマ……もとい、霧島さん、降臨!

しかし、本当に来る時は重なるのですね。
これで現在、当艦隊が保有する戦艦は、金剛さん、比叡さん、霧島さん、伊勢さん、扶桑さん、山城さんの六隻。
贅沢をいえばきりがありませんが、戦艦戦力は二艦隊を編成するのに十分になりました。

で、演習で扶桑さんと霧島さんの初期Lv上げを行った後、早速、戦艦六隻の艦隊を作りました。

2月18日に金剛提督が2-4を突破したのです(金剛提督おめでとう!)が、その時の編成は戦艦六隻。

戦艦六隻の効果はどうよ? という事で実験。
扶桑さんと霧島さんはまだLv4でしたので、安全を考えて2-2を実験場に選びましたが、まさに鎧袖一触。

こちら側の航空兵力は伊勢さんと山城さんの瑞雲だけですが、それでも初戦の航空戦で二、三艦を轟沈させます。
その後は、水雷戦隊(A)相手でも通商破壊艦隊(F)相手でも、一斉射ごとに一艦を屠り、砲を使わず仕舞いの艦が続出。
天龍さんなら、「俺に砲をうたせろぉおおお!(by太田功)」と喚きかねない状況に。

戦艦の攻撃力、防御力はやはり卓越したものがあります。
空母と違って中破しても反復攻撃が可能ですし、そもそも中破させるのが難しいですし。
と、感心していましたら、金剛提督のツイッターで拝見した補給画面がそのままこちらでも再現されました。

燃料と弾薬のたっちゅー盛り(塔柱盛り?:沖縄の方言で山盛りの上(赤城盛り)を意味します)です。

軍艦が攻撃力を維持するために必須なのは資材。その資材の消費が凄まじかったです。
普段は一艦隊に二艦ぐらいでしたから、「最近、補給の量が増えたなあ」ぐらいの感想でしたが、六艦となると……。

まあ、燃料と弾薬の消費はともかく、
2-4突破は、通常の空母機動艦隊より戦艦と航空戦艦による水上打撃部隊の方が向いているのかもしれません。

でも、うちは満潮さん旗艦が動かせないのです。満潮さんの罵声がないとうちの艦隊は気合が入らないし。
えっ? それは提督だけだろうって? あの、まあ……その。



さ、さて、22日は第三回提督会議です。会議は、

クリスマスローズ展(まーふぃ提督は「緑の指」の持ち主なのです)
  ↓
甘味処「間宮」(グッ鉄(グッドスマイル+カラオケの鉄人)プロデュース)
  ↓
艦これミュージアム(ゲーマーズ&アニメイト)
  ↓
赤津加(秋葉原の素敵な居酒屋)
  ↓
カラオケ(恋の2-4-11目当て)

とすでに盛り沢山ですが、個人的にもう一つ。
金剛提督の2-4突破記念と鴨提督の誕生日のお祝い探しに、横須賀に立ち寄る事にしました。

九時半ごろ家を出て、まずは汐入駅(京急線)前のファミマに向かいます。

前来た時は艦これフェアの真っ最中で、全ての外壁に艦娘のほぼ等身大の立ち姿(艦娘が人間と等身大の設定の場合)が描かれ、店内にも至る所にキャラのイラストが満載でしたが、今は普通の佇まいに戻っています。
今の佇まいを見ると、やはりフェア中の様子は、普通の人には入り難かったんじゃないかなとの感想を新たにしました。

当時は「賑やかだなあ」ぐらいの印象だったのですけど。

フェアが終わっても艦これポップ(金剛提督には榛名さん、鴨提督には大井さん(発売になっていればですが))は、まだ売っているのではないかなあと思ってきたのですけど、艦これ関連商品は完全に撤退しておりました。
まあこれは予想の範疇でしたので、直ちに横須賀中央駅(京急線)の横須賀海軍カレー本舗に移動します。

しかし、こちらも艦これ関連の商品は無くなっていました。前もそんなにはなかったけど。

でも二階のレストランには相変わらず艦これメニューが……って増えてるよ。
前回来た時には、
・金剛カレー(フイッシュ&チップスと食後の紅茶付き)
・天龍カレー(竜田揚げ付き)
・島風カレー(酸素魚雷(ソーセージ)15本付き)
だったのですけど新しく、
・陸奥カレー(揚げ物の艦橋(何か不明)、リンゴ(陸奥?)の角切りを8個トッピング)
が増えていました。
食べてみたいけど、時間もないし、この後は甘味処「間宮」で食事だし。で、涙を呑んで諦めました。

お祝いの方ですが、艦これとは直接係わりがありませんけど、艦これ→帝国海軍→海上自衛隊の繋がりで、海上自衛隊の徽章(錨に桜)と横須賀の文字が刻印されたカレースプーンを買いました。

金剛提督は横須賀鎮守府所属ですからぴったりです。

ただこれなら他の提督方にも喜んでもらえそうなので、お土産として人数分買いました(既にお祝いの意味が……)。

購入後、時間には少し早いですが、踵を返して集合場所の池袋に向かいます。
集合場所に行く前に池袋の「とらのあな」に立ち寄ります。ポップがあるかもしれませんので。

ポップはありませんでしたが、北上&大井のマグカップを購入。
榛名さん柄の痛キーボードがありましたが、一万円近くで完全に予算オーバーでしたのでこれも涙を呑んで諦めました。

集合後はまずクリスマスローズ展。クリスマスローズはもともと欧州全域に生息するキンポウゲ科の野草です。
園芸種は割と華やかな色合いですが、それでも大人しい印象の花で、艦これでいうなら羽黒さんみたいでしょうか。
それでも、もしくはそれゆえか、クリスマスローズ限定の展示会が極東の一角で開催できるほど多くの愛好家が世界中に分布しています。

一見するとあまりオタクっぽくない可憐な花の展示会(実はそんじょそこらのオタクでは太刀打ちでないほどの拘りを持つ人たちが集っているのですが)を堪能した後は、いよいよ本日のメインイベント。

秋葉原の甘味処「間宮」に向かいます。

第一回提督会議の時は早朝から並んで整理券を受け取る必要があり大変だったそうです。私は風邪で直前に出撃を諦める体たらくでしたが。
今回は完全Web予約制でゆったりと入店できます。

今回の各人の選んだメニュー(間違ってたらご指摘を)

鴨提督:北上さん重雷装グリーンカレー+大井さん燃料(ドリンク)
モリアーティ提督:龍驤さんのたこ焼き定食+時雨さん燃料(ドリンク)
まーふぃ提督:大和さんパフェ+天龍さん燃料(ドリンク)
金剛提督:那珂ちゃんセット+時雨改二さん燃料(ドリンク)
もずる提督:ヲ級ちゃんパスタ(烏賊墨)+榛名さん燃料(ドリンク)

オーダーが来るまでにそれぞれの持ち込んだお土産の交換を行います。
今回は、私が先程のブツ。鴨提督は東北出張のお土産の単装砲砲身(おつまみ板昆布)、モリアーティ提督は里帰りのお土産の鹿屋海軍航空カレーといった具合。
それから周囲に展示してある艦娘たちの前世の姿(という設定)の戦艦の模型を見たり記念撮影用の等身大ポップを見たり、もちろん注文した品を食べたり、一時間の制限付きですが楽しく過ごす事が出来ました。
帰りにはグッ鉄限定の「間宮さんのボーキサイト饅頭」を購入。皮が茶色の普通のおまんじゅうでしたが美味しかったです。

続いて、ゲーマーズとアニメイトの艦これミュージアムをはしご。どちらも基本的に艦娘たちのイラストの展示ですが、両方のお店にあったドラム缶2個+砲弾4個+鋼のインゴット11個の展示が笑えました。那珂さんといえば……やっぱり解体なのか。

そしてアニメイトの方に大和さんの艤装の実物大モデルが! やたらに大きいし重そうだしで、(普通の人間が装備をつけている設定の場合の)艦娘さんの苦労が忍ばれました。

その後はまーふぃ提督ご推薦の「赤津加」へ。
回りのサイバーがかった電子産業とオタク文化の洪水の中にぽつりと佇む風情の静かな懐かしい雰囲気を持つ居酒屋でした。建物も昭和の風情が漂う木造モルタル二階建てですし。

肴もお酒も全部美味しくついつい杯が進みます。

存分に飲み食いした後、カラオケへ。もちろん艦隊のアイドルこと那珂ちゃんの「恋の2-4-11」が目当てです。
艦これと関係ない曲も多いですが、必ず軍歌が混じるところが私たちの提督会議。
で、その演奏中の画像を見ながら、「これ、陸軍だろう」とか「どう見ても米軍に接取された後の伊-401なんだけど」とかツッコミが入るのもお約束。

さんざん楽しんだ後、東海道線で帰宅の途につきました。

私の家は北鎌倉なのですが、大船からでも歩けるので多少早く着く東海道線をよく使います。
同じように(東京での提督会議が)長征となるまーふぃ提督に何度か「慢心ダメ、絶対」と注意されていて気をつけているつもりだったのです。
しかし、やはり慢心していたようで電車に乗った早々に高鼾。気がついて慌てて降りた駅は二宮駅(大船駅の六つ先)。
登りの電車は既にありません。タクシーで帰るか(多分二万円を超えます)、宿(二宮の土地勘はありません)を探すかです。

ただ酔眼朦朧たる目にも、頭上の電光掲示板にまだ下りの電車が表示しているのは解りました。

かつてダイビングに嵌っていた時に、伊豆半島には足繁く通っていまして、伊豆半島南部でのダイビングの帰りに小田原のスーパー銭湯に立ち寄った事があります。仮にそれがなくなっていても、小田原ならビジネスホテルがあるはずです。
処理能力の衰えている頭でそれだけ考えると次に来た電車に飛び乗って小田原に向かいます。幸いな事に、駅から五分の位置に十年以上前と変わらずスーパー銭湯は営業していました。

入渠手続きを済ませて一安心。いえ、本当に気分は入渠です。
艦娘さんたちも鎮守府に帰って入渠した時はこんなふうにほっとしているのだろうなあと思ってしまう自分の嵌り具合がちょっと嫌ですが。

早速ひと風呂(露天風呂とサウナも楽しみました)浴びまして、二十四時間営業の食事コーナーで秋葉原で買ってきた艦これのノベライズを読みます。
その後、仮眠室で仮眠をとり四時半の始発で大船へと戻りました。

家に帰りついたのは五時半です。昨日(二十二日)に家を出たのが九時半でしたから、二十時間の遠征という事になります。本来は十一時半出発の二十三時半帰宅で十二時間遠征のはずだったのに。

まあ全て身から出た錆ですので止むを得ませんが。

しかし提督会議は楽しいです。「ヨセフを知る一族(考え、嗜好、妄想を共有できる仲間)」の集まりですからね。



帰りついてもう一度一風呂浴びた後は、早速また提督業。昨日の夜はサボっていますから、また扶桑さんと霧島さんのレベル上げの続きです。時々2-4を挟みつつ、また2-2と2-3の周回を続けます。

昨日の余波か、何回目かの2-3のボス戦(敵主力打撃群(G))で今度は日向さん、降臨!

これで割と簡単に手に入る戦艦は榛名さん以外全部揃った事になります。
さあ頑張って2-4突破を! できれば次の提督会議までに何とか。

現在の状況

艦隊司令部 Lv55 少将

艦娘さんたち(敬称略)

戦艦    「金剛改41、比叡改33、霧島18、扶桑改25、山城改32、伊勢改26、日向08」

正規空母  「赤城改48」

軽空母   「鳳翔改28、龍驤13、飛鷹改25、隼鷹改45、祥鳳16、
       千歳航18、千代田航24」

航空巡洋艦 「最上改17」

重巡洋艦  「古鷹改41、加古11、青葉11、衣笠11、妙高17、
       那智11、足柄13、羽黒改32、高雄12、愛宕12、
       摩耶13、鳥海24、利根11、筑摩11」

重雷装巡洋艦「北上改21、大井改16」

軽巡洋艦  「天龍改28、龍田改21、長良10、五十鈴改18、名取14、
       由良11、鬼怒11、阿武隈15、球磨10、多摩10、
       木曾12、川内15、神通13、那珂改26」

駆逐艦   「吹雪改22、白雪12、初雪12、深雪11、叢雲11、
       磯波11、綾波10、敷波09、朧10、曙10、
       漣10、潮11、睦月10、如月10、弥生11、
       皐月10、文月11、長月12、菊月11、三日月11、
       望月11、暁改24、響改22、雷10、電12、
       初春10、子日改20、若葉10、初霜10、白露11、
       時雨16、村雨10、夕立15、五月雨11、涼風12、
       朝潮11、大潮11、満潮改49、荒潮11、霰11、
       霞16、陽炎11、不知火11、黒潮11、雪風改20」

水上機母艦 「千歳06、千代田05」(ずっと先のクエスト用)
スポンサーサイト
艦これ | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
長征、お、お疲れさまでした・・・つか、始発で帰って出撃したんですか!
タフですねえ・・・(ため息)
まあ戦艦ドロップ祭りのようですから、出撃が楽しくてしょうがないのはよ~くわかりますが。

最近我々、トシのせいか酒量のせいか、はたまた艦これで寝不足のせいか、飲み屋でもよく寝落ちしますので慢心注意、です。

特に東海道とか横須賀線とか郊外型電車は駅間が長く速度も速いので、ちょっと寝過ごすととんでもないところに・・・
しかもご推察のとおり、大磯も二宮も国府津も鴨宮も駅前に深夜泊まれるところはありません(きっぱり)

深夜タクシー代は、片瀬江ノ島から7千円、海老名から1万円で帰ってきたことがありますから、二宮>もずる邸だと1万円くらいだと思います。
寝過ごしの発生率は酒量と帰宅時間の遅さに比例し、そこに疲労度が掛け合わされますので、土曜日は危険度MAXでした。

そういうときは判断力も鈍っているのですが、万が一に備えて横須賀線逗子行きや、京浜東北線大船行きを選択されることをお勧めします。
No title
スプーンありがとうございました。
『横須賀』の文字だけで、カレーがうまく喰えそうです。
まだ使用していませんが、金曜日が楽しみですぜ。

『戦艦六隻による打撃部隊』は、短期決戦用の編成ですね。
やはり、空母、軽母、重巡を取り混ぜた編成の方が健全と言えましょう。
そういえばモ提督から『フフフ、金剛君。軽巡・重巡のみの編成で、2-4を突破してみせたまえ』というお題が出されましたよ。なんというチャレンジ。
島風君を探しがてら、当分は2-4で、いろいろな編成を試してみるつもりです。

いやー、スーパー銭湯での入渠も楽しそうですね。一航戦の気分を味わえそうです(笑)
中距離自転車乗りなので、地方のスーパー銭湯での宿泊?もやってみたくあるのですが、いろいろアブナイ話も聞くのでやったことはありません。足を痛めてから、自転車での旅行もやっていませんしねぇ。
No title
提督方、コメントありがとうございます。

まーふぃ提督(まさやんさん)

まーふぃ提督もお疲れさまでした。
タクシーでも一万円ぐらいでしたか……帰れたなあ。ま、まあ、携帯のクーポンで三千円少々でしたし、温泉も楽しめたしで(豪傑笑い←負け惜しみ)。

にしても、よいお店でしたね、「赤津加」。まーふぃ提督の仰ると通り、赤レンガ(海軍省)の会議に召集された各艦隊の提督たちが、会議後集まって軍令部の愚痴をこぼしていそうな感じでした。

また是非あんな感じのお店で提督会議を開きたいものです。

金剛提督

繰り返しになりますが、2-4突破おめでとうございます。

それにしても、有効とはいえ『戦艦六隻による打撃部隊』の錬成は大変だったでしょう。
あの積み上げられた燃料と弾丸の山には軽く目まいがします。赤城さんのボーキサイト喰い荒らしが可愛く見えますからね。

モリア―ティ提督はまた(自ら科した枷による)無理ゲーを……最近時々モリアーティ提督がドMなのかドSなのか分らなくなる時があります。

スーパー銭湯は、大部屋での仮眠が平気でしたら安い宿泊施設としてお勧めします。(一人じゃないと眠れない人向けに個室もありますけど、たいていの場合、個室を借りるとビジネスホテルと変わらなくなります)
受付も、入浴や飲食等のサービスもだいたい24時間制ですから、何時でも飛び込みで投宿できますし。

そうですねー、スーパー銭湯で一泊二日の『入渠提督会議』もいいですね。
談話室(多くのスーパー銭湯では飲食のサービスあり)なら一晩中戦況について激論を交わせますし。疲れて眠くなったら仮眠室で寝ればいいし。
(秋葉原に近い)神田にもありますよ。お台場の『大江戸温泉物語』は夏冬の大祭のオタクご用達らしいです(笑)。
No title
しいてツッコミを入れるなら、私の飲んだのは時雨ちゃんだった気がするのですよ。
涙雨のような味でした(嘘

一週間遅れですがてーとく会議、ありがとうございました。
その後も順調にドロップを重ねておられるようで重畳……飛龍いいなあ。
キリクマで思い出しましたが、返す返すももずる兄はアルペジオイベに間に合って欲しかったですねえ。
「あんなに強くなくていいから、帰ってきてくれ」
みたいなコメントをいまだによく見るわけで、アルペ勢は愛されていたなあと思う次第です。イオナとタカオしか会えませんでしたけどね。
No title
モリアーティ提督

お返事が遅くなりましてすみません。いえ、決して忘れていた訳では。

記憶違いのご指摘ありがとうございます。訂正させて頂きました。

飛龍さんはサプライズでした。
ドロップに関しては、2-3が加賀さんと榛名さん、2-4が島風さん狙いだったのですけど、蒼龍さん、飛龍さんの事はすっかり失念しておりました(ひどい……やっぱり老人性健忘症?)。
だから嬉しさもひとしおです(羨んで下さってもよろしくてよ♪)。

アルペジオ・イベ、私もそう思います。間に合わなかったことが返す返すも残念です。
原作が八巻まで出ていますがまだ話が広がっている段階でして、アニメ版はどうするのかなと思っていましたら原作者の許可を得た上で「メンタルモデル(MM)の物語」に絞ってまとめられていました。
原作でもMMは十分に可愛いのですけど、アニメ版は可愛らしさ炸裂といった感じで、特にイオナが原作版ではすっかり人間に慣れ親しんでいるのに対し、アニメではまだ様々に戸惑いを見せるのがとても好ましかったです。
そしてその戸惑いが後半のドラマの重要な鍵になっていく所も素敵でした。
勿論、ハルナ、キリシマ、タカオ、ヒュウガ、マヤ、イ400、イ402の面々も原作と微妙に違ったり、そっくりそのままだったりで魅力倍増。

原作ファンの多くも納得の構成だったと思います。

アニメ版機会がありましたら是非ご覧下さい。
ブルーレイ購入中です(後四巻=四ヶ月かかりますが)ので宜しければお貸ししますよー。原作も全部ありますよー(多分まーふぃ提督もお持ちかと)。

そうそう、鹿屋海軍航空カレーご馳走様でした。なぜか実家のカレーによく似た味がしました。同じ九州といっても鹿児島と福岡なんですし、そもそもカレーですから地方色がそんなに色濃いとも思えないのですけど……。あれかな、九州のカレーの始まりは、実は全て佐世保鎮守府からだとか、まさかねぇ(謎)。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。