FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラヴ茶関西オフレポ その3 大阪陰謀編

2006年10月27日
 ある意味今回のオフ会の最大の山場ともいえる一日目の宿泊です。道頓堀を阿鼻叫喚の渦に叩き込む陰謀とイベントの一夜をご照覧あれ!(大袈裟な‥)

大阪宿泊所周辺図
その3の登場人物
志音さまりうさま薫子さま
紀州さまいちさま
まさやんさまもずる 


本日の宿泊先である大阪に到着です。


10月13日の3 大阪→一日目終了まで

17:30頃 心斎橋駅(大阪市営地下鉄)

 例によって、JR大阪駅から大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅に辿り着くまでに迷ったり逸れたりが少々ありましたが、大過なく乗り換えに成功。心斎橋駅で地下鉄を降りて、そごう本店を通り抜け心斎橋筋を南下します。

 ラヴ茶のメンバーが連れ立って歩く時は、概ね姉妹が単位となるのですが、今日はメンバーがくっついたり離れたりを繰り返しています。
更によく見ると、志音さまだけはいつも通りのペースで歩んでらっしゃるようで‥。

 そう、今日張り巡らされた陰謀の標的は志音さま! 志音さまの誕生日を祝うサプライズ・パーティがその目的なのです。志音さまは10月12日に誕生日を迎えられましたが、ネットで祝うだけでは飽き足らないメンバーが一週間以上前から水面下で画策していたのでした。
 プレゼントは事前に用意してありましたけど、旅先でのパーティですから、準備はほぼぶっつけ本番になってしまいます。そこでホテルまで道のりを利用して、手順を話し合っているのです。
薫子さま  「じゃあ、買出しの時に分かれれば‥」
りうさま  「全員で出たんじゃ気付かれるでしょ」
まさやんさま「そうそう。買出し班を選抜すれば、多分姐御は『残る』と言うから‥」
いちさま  「ケーキはここで(と傍の不二家を指して)買うとして、ここまで迷わず戻れるのは、私と紀州さんですね」
もずる   「でも、さっき、そごうを出たところで何の疑いも持たず真逆に曲がったのはラスカルズ(いちさま、紀州さまのコンビ名)‥」
紀州さま  「あれはいちさんだけですっ!」

 等々の会話を散発的に交わした結果、宴会の飲み物等の調達を表向きの目的とした買出し班はいちさま、紀州さま、もずる。で、ミッション上の役割は、
いちさまと紀州さまがケーキを調達。
もずるがバーボン(志音さまのお好きなお酒)水、氷などを調達。
偽装買出しミッション決行は夕食前。
と決まりました。

 やがて一行は道頓堀川に出ます。正面は阪神が優勝すると、人が道頓堀川に降り注ぐあの戎橋。その向こう岸の右手に大阪の象徴、グリコネオン。
【いえ、冗談でなく2003年に大阪市指定景観形成物に指定されています】
 橋の手前左手にはキリンプラザオオサカ。
【リドリー・スコット監督の映画『ブラックレイン』でグリコネオンといっしょに(監督お得意の)霧を纏って登場し、大阪を怪しさ大爆発の近未来都市Oh!Sakaに変貌させていたかなりキてる(好きですけど)キリンの直営飲食店ビル】
 戎橋を渡ると大阪を代表する繁華街、道頓堀通です。でもそれは明日のお楽しみという事で、今日はその手前、道頓堀川の両岸に建設されつつある『道頓堀リバーサイドウォーク』を歩きます。

 道頓堀の両岸に道路から一段下げて作られた遊歩道にはお洒落なカフェやバーが立ち並んで、後は水がもう少しきれいになれば道頓堀もクールでシックなイメージに‥。と思ってると、いきなり真っ黄色に塗られた縦長小判型観覧車(普通のビルの正面にいきなり観覧車‥)を擁するど派手なビルが! 観覧車の輪の中には巨大なえべっさんもいらっしゃいます。
紀州さま「『ドン・キホーテ』ですね」
もずる「あれ? 前回の関西オフで通天閣から見えた観覧車って‥」
いちさま「多分これだと思います」
‥大阪はやっぱり大阪でした。

 『ドン・キホーテ』を過ぎると太左衛門橋ですが、橋から先はまだ工事中ですので、道路に戻りまして宗右衛門町に入ります。この辺はまあ、所謂飲み屋街で風俗店も多くちょっと怪しい雰囲気です。
 ところがその真っ只中で、一軒の店に入るラヴ茶のメンバー。えっ!と焦って、お店の看板を見ると『福寿堂秀信』といういちさまご推奨のお菓子屋さん。
 あ、勿論、いちさまは飲み屋通いのついでにここに立ち寄っていらっしゃる訳ではなく、普段は別の店舗をご利用なさっています。
 で、皆さん様々にお菓子(上生菓子も!)を購入なさいました。これがお土産だけでなく夜の宴会のおつまみという所がまたラヴ茶らしい♪

18:00頃 ホテルくら本

 日本橋北詰め交差点に出た所で、堺筋をちょっと北に向かいます。NTT南ビルの手前を西に進みますが、信号の反対側に酒屋さんがあるのをさり気無くチェック!
 二つ目の角を左に曲がり、今日の宿泊先である『ホテルくら本』に到着。見かけはビジネスホテルですけど、中はいかにも旅館といった感じです。
 チェックインを済まし(まさやんさま、いつもありがとうございます)お部屋に通されると、ちょっと古びているけど手入れが行き届いたなんとも落ち着ける広い和室です。大浴場もあるし、従業員さんも親切でよいホテルでした。

 部屋に入るともずるはおもむろに鞄から本日のネタである『リリアンの制服(XSサイズ)』を取り出し、まさやんさまに見せびらかします。
もずる「ほらほら! リリアンの制服ですよ♪」
まさやんさま「‥‥‥(微妙な微笑)」
 そんな反応のまさやんさまを引っ張って、もずるは隣の女性の部屋に勇んで突進。ノックするのももどかしく、
もずる「いいですか?」
紀州さま「なんですかー?」
もずる「これお願いします♪」
 いっせいにもずるの手元に集まる視線。そして広がる苦笑と微笑と当惑。
一同「(お願いって‥)」
 もともと行き当たりばったりなもずるは、洋服掛けにリリアンの制服を掛けて後は放置プレイ。(プレイ言うな)
 いや勿論、お部屋訪問の本当の目的はこの後の予定と買出し部隊の(実は決定済みの)人選と出動だったんですよ。
もずるたちが部屋を出た所で追ってきた薫子さまが、こっそり、
薫子さま「もずるさま、これにイラストお願いします」
差し出されたのはバースデーカードとカラーのサインペン。
 これもミッションの一環なのでした。しかし薫子さまは準備がいい。

18:30頃 買出しミッション

 で、密談の通り、いちさまと紀州さま、それにもずるが買出しに出ます。 まさやんさまはお風呂。志音さまはお昼(夕?)寝。りうさま、薫子さまも休憩。
 三人で堺筋まで出て、もずるは近所の酒屋へ。いちさまたち不二家(ちょっと遠い)を目指します。
 もずるが選んだバーボンはシングルバレル(他の樽とブレンドしないウイスキー)の『ブラントン・ゴールド
 それから隣のコンビニで氷や水やプラコップを買ってますと、なんと紀州さまたちが早々に帰還なさいました。
もずる「速かったですね」
いちさま「途中の洋菓子屋さんで美味しそうなケーキを見つけたので♪」
紀州さま「オバちゃんたちばっかりでやってる店です(微笑)」
 ピンクの可愛いハート型のケーキだそうで、一も二もなく決定なさったそうです。

18:45頃 ネタ:リリアン制服着用!

 ホテルに戻るといちさまと紀州さまはケーキを男性の部屋の冷蔵庫に隠し、何食わぬ顔で女性の部屋に戻りました。もずるはバースデーカードの下書きを始めます。
 すると程無くして鳴る電話。隣からすぐ来て下さいとの事。何事かは想像がついているもずると当惑気味のまさやんさまが急いで隣の部屋に駆け込むと、可憐なリリアン女学園高等部の生徒がちんまりと座っています。紀州さまがリリアンの制服を着て下さっていたのです!
 もうその可愛い事、可愛い事‥華奢な体つきと端正な顔立ちの上に眼鏡っ子な紀州さまは『一年藤組の学級委員です』と言っても全然違和感なし。
 もずるは急いで自室にとって返しデジカメを持ってくると、ここぞとばかりにシャッターを切ります。肖像権の問題から、お見せできないのがなんとも残念!

 次には薫子さまがリリアンの制服を着用して下さいました。ちゃんと、ちゃんと、髪をツインテールに結わえて! 祐巳ちゃんだー!(大喜び)

 すると志音さまが満面の笑みを浮かべ、
志音さま「るーちゃん、いらっしゃい」
とおばあちゃん権限を行使して薫子さまを呼びます。
 志音さまは自分が座っている籐のソファの足元に薫子さまを侍らして、肩に手を回しご満悦。

 暫くして志音さまの傍を離れた薫子さまは、今度は髪を三つ編みに! 由乃んだー!(大喜び)

 最近、黄薔薇化が著しい姐薔薇の末の妹に相応しいセレクト! そして再び、志音さまが強権を発動します。
志音さま「るーちゃん、いらっしゃい」
 今度はソファ横に立たせた薫子さまの胸元に頭を持たせかけ、再びご満悦の表情。

 しかし志音さま、いかに嬉しいからってお顔がにやけ過ぎ(証拠写真あり)なのですが‥アブない人のようです。(伏し目)
 もっとも、もずるも薫子さまにご協力願い、念願の生「タイが曲がっていてよ」実践!
もずる「感涙です~。特訓していたリリアンのタイの締め方が漸く役に立ちました♪」
って喜んでいるのですから、やっぱりアブない感が漂っています。

 それにしても、紀州さま、薫子さま、よく着用下さいました。これでわざわざ変質者の汚名を被り兼ねない荷物を抱えて来た甲斐がありました。いやー、目に盆と正月が一緒に来たような(表現が古いな‥)心持でした。ありがとうございました。
 こうなるともう一サイズ大きいリリアンの制服を手に入れて、志音さま、りうさま、いちさまにも着用して頂きたいと思うのは、人として当然でしょう。‥あれ、いちさまはミニマリのメンバーだから着用できたはずなのになぜ? えっ? いやがった? ううむ‥やはりお姉さまの鎖六さまにお願いして強制的に。(そもそもなぜもずるがリリアンの制服、しかも自分では着用できないXSサイズを所有しているかはまた別の機会に‥)

19:15頃 夕食

 そうこうしているうちにフロントから食事の用意が出来たとの連絡がありました。一同、大広間に向かいます。大広間で食事! 旅館っぽくていいですよねー♪

 外に食べに行くのもいいけど、旅館で食事も楽しいのです。第一、寝落ちしても大丈夫だし♪(そこかー‥)
 二十人以上がゆったりと食事できる大広間に今日はラヴ茶の七人だけ。寂しいというより贅沢な気分。 コの字型に並べられたお膳の上座中央。最上位席に当然志音さま、その両側に妹のりうさまと孫の薫子さま。左翼にもずるとまさやんさま。右翼に紀州さまといちさま。
飲み物が行き渡ってまずは乾杯。
「ばっちゃ、おめでとう」
「志音さま、誕生日おめでとうございます」
「で、何回目の二十四歳の誕生日なんですか?」
「三回目でしたっけ?」
 『誕生日おめでとう』までは、にこやかに微笑みながら給仕して下さっていた仲居さんが、それを聞くとふき出しつつ、
「三回目って事はないでしょう、失礼ですよね」
と志音さまに助け舟。でも志音さまはお気に召さないようで、ぼそっと一言。
志音さま「二回目でさえないわよ‥」
一同爆笑! で食事が始まります。食事は『ホテルくら本』オリジナルの『タコちゃん会席』。

 最初聞いた時は際物っぽいチョイスだなあと思ったのですが、料理全体はとても美味しくて、量も十分でした。(ラヴ茶のメンバーはみんなお腹一杯で食後しばらく動けないほどでしたから、それこそ食べ盛りの十代の方でも大丈夫でしょう)

タコちゃん会席

 そしてタコちゃん会席の目玉は当然ながら『自分で焼くたこ焼き』! ご覧のように一人に一つ小型のたこ焼き型が用意されています。(あ、料理が『この程度の量か‥楽勝』って思った人。これは一部です。この後、焼き魚や煮物やけつねうろんが続々と運ばれてきました)

 ではタコちゃん会席でのたこ焼きの嗜み方を♪
1.食事が始まると仲居さんが固形燃料に火をつけて、たこ焼きの種を型に流して下さいます。種はたこ焼き型の窪みだけでなく、表面にも流れていますがこれが実は大切な役目を果たします。
2.種を流してもらったら、用意されているタコ、揚げ玉、刻み葱、紅しょうがをそれぞれの窪みに入れて、しばし待ちます。
3.表面の種が固まってきたら、窪みと窪みの間を竹串でこさいで、たこ焼きを一つ一つ切り離します。
4.窪みの中の種の周囲が固まってきたら、今度は表面の種を窪みの方に折り込むようにして纏めます。すると折り返された種に引かれた形で窪みの中の種が窪みの表面から外れます。
5.そこで竹串を深く刺し、掬い上げるように捻ると種はくるんと回転してたこ焼きらしく丸まります。
6.後は好みに合わせて表面をこんがり焼き、お皿にとって青海苔と鰹節とソースをかけて召し上がれ。

たこ焼きの風景

 自分で焼くたこ焼きはとっても楽しくて美味しくて、宴会料理としては、なかなかのアイデアですが欠点が一つ。
 手順がわからない時は大騒動ですが、いったん解ってしまうとカニを食べている時と同じで、たこ焼きを焼くのに真剣になって(ラヴ茶では珍しく)沈黙が場を支配してしまう事ですね。

 それにしても、このホテルをお教え下さったいちさま、紀州さま。選定して下さったまさやんさま、志音さま。本当にありがとうございました♪

21:00頃 小休止(陰謀遂行)

お腹一杯になって部屋に戻りましたが、女性陣から、
 『食べ過ぎてとても動けないので、一時間ほど休憩してからお風呂や着替えだのの身支度を整え、その後宴会にしましょう』との事。
 特に問題はありませんので‥というか、その間にカードにメッセージを書いたりのサプライズパーティの準備を進めないといけません。

 カードのイラストが描き上がっていないもずるはまたかりかりとペンを走らせます。書きあがった所で薫子さまをお呼びして、お借りしたカラーペンと一緒にカードをお渡しして寄せ書きをお願いします。
 勿論、志音さまに知られてはいけませんから、女性陣は何のかのと理由をつけて、交替で男性部屋に赴き、メッセージを書く事になりました。

 そしてもずるは大浴場に向かいます。大浴場で入浴! 旅館っぽくていいですよねー♪

 他のお客さまもいらっしゃるはずなのに誰もいない大浴場。まあ、各部屋にユニットバスがありますから‥それにここは大阪の繁華街の中心。まだ皆さんホテルにお帰りではないのでしょう。
 でも誰もいないのは、やっぱり気楽で、のんびりと体を洗って、湯船で体を伸ばして暖まって‥いえ、泳いではいません! いませんったら! 湯船で泳いだのは薫子さま、湯船で瞑想に耽っておられたのは紀州さまです。(聞き書き)

 部屋に戻ってくると、カードの寄せ書きは完成していて、最後の打ち合わせに入ります。
 まず宴会が始まる前に、薫子さまが男性の部屋に『これから行きます』と電話します。
 それを受けたら、もずるは冷蔵庫のケーキを洗面所に運びます。女性陣が入室する時、りうさまは洗面所に入ってケーキのろうそくに火をつけます。
 りうさま以外が席に着いた所でもずるが部屋の明かりを消します。
 りうさまがケーキを志音さまの前に運び、ハッピーバースデーをみんなで合唱。

 よし! 水も漏らさぬ完璧な計画だ! で、いったん女性陣は全員部屋に戻ります。

22:30頃 陰謀発動!

 ところが、「飲むわよー」と前置きもなく登場なさったのは他ならぬ志音さま。薫子さまが連絡する間もなく、こちらの部屋にいらっしゃったようで‥水も漏らさぬどころか、だだ漏れじゃん! 鉄砲水じゃん!
 いや、漏れてる訳ではないですけど‥ケーキは志音さまの背後の冷蔵庫の中で‥どうしよう? こんな時に臨機応変に振舞えるかどうかが危機管理能力の差になって‥って、でもどうしよう?

 冷蔵庫の前でおろおろするもずる(危機管理能力皆無)の目が、薫子さまを捕らえます。思いっきり『助けてーっ』のアイ・サインを送るもずる。
 薫子さまは小さく、でも力強く『よっしゃ! 俺に任せろ!』とばかりに頷くと志音さまの背中に、
「ばっちゃー!」
と叫びながら抱きつきます。
 志音さまにとってはただでさえ可愛い孫。しかも食事前にはリリアン仕様で侍らせていたのですから‥これはもう効果抜群。
 相好を崩して孫がじゃれるのに任せている志音さまの背後で手早くケーキを運び出し、洗面所に待機していたりうさまに無事パスしたのでした。
 しかし、薫子さまがどれほど頼りがいがあるか、再認識させられました。薫子さまは漢(ヲトコ)です!

 その後は予定通りに部屋の明かりを消して、ろうそく(ろうそくは五本。別に一本十歳ではありませんよ!)を点したケーキを志音さまの前に運び、ハッピーバースデーを歌います。
 志音さまには、ろうそくを吹き消してもらって、カードのお祝いを呼んでもらって、みんなの用意したプレゼントを開いて頂いて‥。
 驚いたり、喜んだりの志音さま。嬉しそうな志音さまを見ていると、志音さまが大好きな私たちもとても幸せになれるのです。

プレゼント目録
・妹のりうさまからは、『三食カレーという絵柄のTシャツ』
三つ縦に並んだ大衆食堂風ライスカレーにはみんな大爆笑でした。志音さまはカレーが大好きなので、この絵柄だそうです。しかしこんな絵柄、よく見つけてきますねー。それに今度で四代目(!)という『にゃんこの小銭入れ』
・紀州さまからは『紀州の梅』(微笑)
美味しいですよねー。そのまま食べてよし。料理に使ってよし。
・いちさま、紀州さまの大阪勢からは『木彫りの犬がついているペンたて』志音さまの愛犬soniちゃんの名前入り。おまけに木彫りの犬の尻尾が動く優れもの。
・まさやんさまからは『ローズヒップティーのティーハニー』
蜂蜜に紅茶のフレーバーが付けてあって、お湯に溶くだけでロシア風ティーブレイクが楽しめる素敵な一品。
 そして『今日の主役』たすきに『ばっちゃかつら(灰色の髪が髷を結っているかつら)』‥こちらは受け取りを拒否されましたようで‥(伏し目)
・薫子さま、まさやんさま、もずるの東京勢からは『ハイヒールの形に見える銀のピアス』
ハイヒールキックは志音さまの必殺技ですから♪

 プレゼントのお披露目が終わりますといよいよケーキに入刀‥って?
志音さま「で、ケーキはどうするの?」
もずる「‥は?」
りうさま「あの、フォークとかナイフとかは?」
もずる「あ‥か、借りてきます!」
 紙皿とプラコップだけ買って、フォークもナイフも忘れたもずるのやからしでした。もずるは大急ぎでフロントに降りると、深夜番のマネージャーさんに訳を話してフォークとナイフの貸し出しをお願いしました。深夜(11:00位)にも拘らず、快くお貸し下さいまして、やっと一安心。
バースデーケーキちなみにバースデーケーキはこれです。

福寿堂の和菓子こちらは途中の和菓子屋さんで買った上生菓子。
 一緒に写っていらっしゃるのはラヴ茶オフ会のお目付け役『にゃちこさま(二代目)』♪ その足元の貯金箱はやらかし貯金箱です。

 後はいつものオフ会と同じ様に、マリみて聖典(原作の事)や小説一般や二次創作やオタクな諸々について話をかわしつつ、お菓子を食べ、バーボンを飲み、名残惜しいけど1:30頃にお開き。

 女性陣を送った後、グラスに残っているバーボンをちびちびと片付けつつ、まさやんさまともう少しお話をしてから就寝。
初日の夜が終わりました。

10月14日の1 大阪→奈良→大阪まで に続く。
スポンサーサイト
ラヴ茶関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ごきげんよう、もずるさま。

予想通りの緻密なレポ。
毎回毎回感心致しております。
時々取っておられたメモが、ここで役に立つわけですね!
……私は、別に瞑想してませんよ。ええ、してませんって。
いくら、ヨガの先生にインドに誘われた過去があったとしても(笑)。

ではでは、続きを楽しみにしております~。
レスが遅くてごめんなさい。
ごきげんよう、紀州さま。
その節には、色々とお世話になりました。
紀州さまといちさまのおかげでディープな関西を満喫できました♪
それにしても、特に奈良は是非もう一度行きたいです。京都とまた違う古(いにしえ)の都の風情が不思議なほど、そこここに漂っていた気がします。禰宜道を抜けていく時の不思議な静けさが忘れられません。
まあ、今回の関西旅行はラヴ茶の皆さんと一緒だったので、好感度1000%増し位になっていた可能性も強いですけど♪

あ、お風呂場の件は志音さま(りうさまだったかな?)情報ですので、訂正はそちらの方からお願い致します(爽笑)

ではでは、遅れがちですが(まさやんさまや薫子さまの速い事!)レポ頑張りますので、お見捨てなきよう~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。