06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

刹那の日食

2009年07月26日
ちょっと日が経ってしまいましたが‥二十二日の日食についてです。
工学畑を仕事とし、SFファンでもありますから、日食にはそれなりに興味があります。
しかし当日の朝起きると窓の外は雨‥会社に着いても雨。
同僚と顔を見合わせると、
「だめっぽいね」
「でも奄美大島も悪石島も天候に恵まれてないようだし‥贅沢は言えないよね」
等と、めっきり諦めムードが漂っておりました。

それでも九時五十五分の日食開始時間になると窓から空を見上げずにはおれません。
雨は上がりましたけど、空は厚い雨雲が低く垂れ込めて、太陽が姿を表す様子はありません。
十一時十三分、東京での最大食の時間になりましたが、やはり曇り空。

みんな諦めて仕事に戻っていました。
ところが、十二時前ふと気がつくと外が何となく明るくなっています。
慌てて窓際に寄りますと雲が切れて‥ではなく薄くなっていて、太陽の輪郭が見えるではありませんか!

雲がちょうどよいフィルターの役目をしてくれて、
裸眼で直接みても眩しくありません。(本当はやらないほうがいいのですが短時間ですから)身体を乗り出し(正午前ですので太陽は天頂近くですから窓から乗り出さないと見えないのです)確認すると確かに欠けてるっ!
それに気がついた私ともう一人が大きな声で、
「みえたぁ!」
と叫ぶと、仕事をしていた同僚たちがいっせいに窓際に駆け寄り乗り出して空を眺めだしました。
向かいのビルから見ているとさぞ傑作な光景だったと思います。
いい年をした会社員たちがいっせいに窓に鈴なりになったのですから。

でも、理屈では知っていても、実際に欠けている太陽を観るのはまた格別な感慨がありました。

本当に十五分ほどだけ、薄くなった雲を介してみる事が出来た奇跡の様な日食で、またすぐ厚くなった雨雲に覆い隠されてしまいました。
その僅かな間隙をついて、同僚に借りたデジカメで撮ったのが、この写真です。といっても、ポケットタイプのデジカメですので、大した望遠機能はありませんので、(借りた上に勝手な言い草でごめんよ)出来る限り分解能を上げて撮影した後トリミングしました。元の画像では芥子粒ぐらいの大きさです。
下のサムネイルは太陽だけですが、クリックするともう少し広い範囲が表示されます。
右の黒いのはうちの会社のビルの壁面です。

2009年の日食

取り敢えず観る事ができた私たちは満足して仕事に戻りました。

2035年には関東北部で皆既日食(東京でも99%以上の日食)が見られるそうですので、
「今度はいい天気の中で観る事ができるといいね」
「会社も残っているといいね」
などと軽口をたたいていましたが、たぶん間際まで忘れてるんでしょうね。
スポンサーサイト
本当に近況 | コメント(0) | トラックバック(0)

聖典新作とSS新作

2009年07月21日
うちの母屋は『マリア様がみてる』の二次創作サイトです。
‥と言いつつ、ここしばらく新作SS無しの状態が続いておりまして‥(伏し目)
で久し振りにSS『妄想姉妹と結婚妄想』の連載を始めました。
祐巳ちゃんと瞳子ちゃんのスール成立後の山百合会での生活を描いたコメディです。

連載にしたのは‥実は恥ずかしながら、まだ(全二十章のうち)最後の方の一章が推敲中で‥。
で、「全部完成してから」とか考えていますと仕事が忙しいとか何とか理屈をつけて、なかなか完成させませんので、自分を追い込むために毎日更新が原則の連載形式にしました。
これで頭の中に時限装置の時を刻む音が鳴り響く事になります。

もっとも、前回『結婚の諸相に関する普遍的ならざる一考察』で同じ事を目論んだのですが、失敗に終わり、最後の方の章のアップを大幅に遅らせた前科があります。
ですから、どの程度効果があるのかは微妙ですが‥。

もし宜しければ、ご覧頂ければ幸いです。

あと、新SSアップに伴って、SS(サイドストーリー)の展示頁のデザインの変更と、
遅ればせながら(本当に遅いよ)志音さまのサイトのブログを参考にさせて頂いて『GENOウィルス』チェックを行いました。(幸いにしてPCもサイトも感染していませんでした。)
志音さま、ありがとうございました。

そして聖典新刊『リトル ホラーズ』です。
六ヶ月前に『ハロー グッバイ』を読み終えた時は「ああ‥これで『マリア様がみてる』ともお別れなんだなあ」と感慨に‥耽るわけが無いでしょう!
あの読者を裏切るのを生き甲斐にしていらっしゃる(かもしれない?)今野先生ですからね。
『ハロー グッバイ』のあとがきで、「形をかえて‥」などと、さも今生の別れみたいな表現をなさった以上、「遅かれ早かれ再開する。それも別の時代とかでなくこの物語の延長線上で」はファンの方々なら当然予想していたと思います。
ただ、短編集とはいえ、ほんの半年後に再開できるとは思いませんでしたので、嬉しい驚きではありました。

で、簡単に感想を♪(もう隠す必要もないとは思いますが、一応ネタバレですので)
>>続きを読む・・・
マリみて | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。