10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2017艦これ春イベント(1年半ぶりぐらいの完走)

2017年05月28日
本当にお久しぶりです。
前回の記事から一年たっていますが、
ようやくイベントを完走できましたのでご報告に上がりました。


2017春イベント「出撃! 北東方面 第五艦隊」



E1【前段作戦】津軽海峡/北海道沖 「出撃!大湊警備府」【対潜作戦】

開始:2017/05/04 16:00

例によって潜水艦狩りですが、先制対潜攻撃が実装されてからは割と気楽な戦いになっています。
扶桑さん、山城さんを水上艦掃討役として、先制対潜攻撃が可能な五十鈴さん、阿武隈さん、皐月さん、朝潮さんの四人を編成しますと、特に問題なく最短の4回で終了しました。
最初は五十鈴さん、朝潮さんには対水上戦も考慮した装備を施していましたが、ボス戦でS勝利が得にくいので途中で完全対潜装備に変更しています。

……後で気が付きましたが、満潮さんも(三式爆雷投射機+四式水中聴音機+四式水中聴音機)で先制対潜攻撃が可能でした。残念?

終了:2017/05/05 00:00

全4戦(A勝利2回、S勝利1回)
資材保有量推移 燃料:-500、弾薬:-258、鋼材:+654、鉄礬:-50、錻桶:-5



E2【前段作戦】津軽海峡/北海道沖 「艦隊集結!単冠湾泊地へ」【輸送/掃討作戦】

開始:2017/05/05 05:30

前半は輸送任務、後半は殲滅戦です。手間はかかりますが輸送任務だけよりは艦隊戦で終わった方が爽快感はあります。

第五艦隊を編入するとルート固定ができますので、那智さんと足柄さんを掃討担当、霞さんと不知火さんを輸送担当として編入。それに睦月さん、如月さんを加えて輸送部隊としました。

また、基地航空隊が使えますので第一基地航空隊も編成しました。
ただ基地航空隊は多数撃墜による練度低下が頻繁に起きますのでそれの回復が大変です。うちでは通常海域6-4Mマスでの対潜戦闘で練度稼ぎをしています。

最初の出撃は途中撤退でした。やはり水上打撃力が重巡2隻では不足の様でしたので、2戦目からは前衛支援艦隊を出動させ道中での支援を行いました。

それでも上記の編成ですとボス戦でS勝利が取れず輸送量が減ってしまいます。
よく考えるとルート固定は殲滅戦に移行してからですので、那智さんをビスマルクさんに変更して水上打撃力を強化しました。
これによりボス戦でS勝利を得る事ができるようになりました。結果、輸送量が増えまして、途中撤退を別にすれば5戦で輸送任務を完了しました。

輸送作戦終了:2017/05/05 14:50

殲滅作戦開始:2017/05/05 15:30

殲滅作戦では睦月さん、如月さんを外し、那智さんを復帰させて、航空支援担当として瑞鶴さんを加えました。
瑞鶴さんはもちろん噴進強襲と航空戦による二度の先制攻撃を期待してです。
まあ噴進強襲はあまり成功率が高くはないですし、練度低下が起こり易いので効果は微妙ですが。

基地航空隊はボス戦に集中させました。
一戦目は基地航空隊のみ、二戦目は道中支援を入れましたが、ボス戦でS勝利が取れません。三戦目以降は方針を変えて基地航空隊に道中支援をお願いし、支援艦隊はボス戦に向かわせます。やはりS勝利は取れませんが、なんとなくそのままの構成でラストダンスまでたどり着きました。

ここで、道中支援を復活させ、基地航空隊を再びボス戦に集中させます。

結果、S勝利を得て1戦でラストダンスが終了しました……でも、S勝利というのにドロップは愛宕さん(ごめんなさい)

終了:2017/05/06 19:50

全13戦(撤退3回、A勝利9回、S勝利1回)
資材保有量推移 燃料:-3946、弾薬:-4333、鋼材:-871、鉄礬:-1170、錻桶:-33



E3【前段作戦】千島列島沖 「艦隊抜錨!北方防備を強化せよ!」【輸送/掃討作戦】

開始:2017/05/07 04:10

前段作戦の掉尾を飾る海域です。
またもや、輸送任務と殲滅戦のコラボですがその前に3つの港に寄港する必要があります。今度は連合艦隊編成でしかも基地航空隊が2隊に。練度向上とキラ付けの面倒がさらに増えるのです。

輸送部隊は、千代田さん、千歳さん、ヴェールヌイさん、江風さん、夕雲さん、巻雲さん。
警戒部隊は、大淀さん、利根さん、筑摩さん、暁さん、夕立さん、綾波さん。

イベントの戦訓で輸送部隊は完全に輸送用装備だけ。敵掃討は警戒部隊と基地航空隊に任せて出撃しました。

が、第壱戦で寄港には資材搬入の必要がない事に気が付き、輸送用装備を対水上戦武装に変更。千代田さん、千歳さんを古鷹さんと加古さんに交代させて打撃力を持たせました。

これで4戦で3港寄港をクリア。

隊の編成と装備を元に戻し輸送任務の開始ですが、第伍戦は港への航路に進んでしまいます。
ルート分岐法則を確認すると、揚陸地点に進むには水上機母艦を1隻以下にしないといけないようで、千歳さんを速吸さん(缶とタービン装備で高速化)に変更しました。
しかし、やはり港への航路に逸れてしまいます。缶&タービン装備による高速化ではダメかもしれないと思い、速吸さんを鬼怒さんにもう一度変更しました。これで漸く揚陸地点に到達できるようになりました。

その後は4戦(撤退1戦を含む)で輸送任務を完了しました。編成ミスが無ければなあ……です。

でも第捌戦で神威さん着任!
神威さん着任!
ここ暫くドロップには恵まれていませんでしたので嬉しさもひとしおでした。

輸送作戦終了:2017/05/07 20:15

殲滅作戦開始:2017/05/08 00:15

そして再び殲滅戦に入ります。連合艦隊は水上打撃部隊編成にしました。

水上部隊は、武蔵さん、長門さん、陸奥さん、伊勢さん、隼鷹さん、飛鷹さん。
水雷戦隊は、大淀さん、利根さん、筑摩さん、暁さん、夕立さん、綾波さん。
隼鷹さんと飛鷹さんは最初から「オールファイターキャリアー(全制空戦闘機編成)」です。

もちろん道中支援とボス戦支援のフル編成。航空支援はKマスとQマスに集中。
しかしボスの耐久があまり削れません。装備を夜戦カットイン向けに変更したりしましたが僥倖狙いはあまり効果がなく、結局ちまちまと削りを続け6戦かけて漸くラストダンスに到達しました。

ただ今度はボスを撃沈しないといけません。暁さんを北上さんに変更してボス撃沈を祈ります。しかしラストダンス3戦目でも撃沈の気配なし。
「溺れる者は藁をも掴む」では無いですがギミックに漸く目を向けました。
確認すると、第肆戦でKマス、第捌戦でQマス、第玖戦でVマス、第拾弐戦でPマスでS勝利していました。
であれば、後はRマスでのS勝利でギミックは解除できるはずです。

そこで第廿壱戦は支援艦隊を出さず、駆逐艦を対潜装備に変更。さらに基地航空隊を2隊ともRマスに集中させギミック解除のみを狙います。

解除に成功すると確かに駆逐古姫さんのダメージが大きくなりました。それでもラストダンスを終えるには更に3戦を必要としました。

しかしこれで、めでたく春日丸さんが着任です。
春日丸さん着任!

さらに第拾漆戦で当艦隊としては2隻目の神風型駆逐艦である春風さんが着任。
春風さん着任!

大変ありがたい海域でした。
(このお三方は着任時のスクリーンショットを撮るのを忘れていました orz)

終了:2017/05/12 02:40

全24戦(未到達(編成ミス)2回、撤退4回、ギミック解除出撃1回、単純寄港3回、B勝利1回、A勝利10回、S勝利3回)
資材保有量推移 燃料:-19793、弾薬:-18760、鋼材:-1343、鉄礬:-7751、錻桶:-38



E4【後段作戦】占守島沖 「迎撃!士魂の護り」【上陸阻止作戦】

開始:2017/05/13 23:30

今度は通常艦隊での地上攻撃です。

ルート固定のために補強増設に「応急修理女神」を搭載した呂五〇〇さんを旗艦としました。
いえ、決してスク水に惹かれた訳ではありません。装甲と回避が潜水艦中トップクラスだからです!

艦隊メンバーは他に、鈴谷さん、熊野さん、翔鶴さん、蒼龍さん、飛龍さん。
地上攻撃はろーちゃん、鈴谷さんが専任ですが、蒼龍さんと飛龍さんにも特効がある「九七式艦攻」を装備しています。
基地航空隊は道中支援とボス攻略に1隊づつ。

上記の編成で始めましたが、Wikiに「基地航空隊2隊の集中攻撃による効果が大きい」との記述を見つけ、道中支援を出す代わりに基地航空隊は2隊ともボスに集中させました。

結果、5戦でラストダンス、その後2戦で決着がつきました……が、ドロップには恵まれず。まあ欲しかった「爆装一式戦 隼III型改(55戦隊)」が手に入りましたからいいとしましょう。

終了:2017/05/14 12:50

全7戦(A勝利3回、S勝利4回)
資材保有量推移 燃料:-4436、弾薬:-3946、鋼材:-1151、鉄礬:-2256、錻桶:-15



E5【後段作戦】大ホッケ海北方 「北の魔女」【艦隊決戦】

開始:2017/05/14 12:50

いよいよ最終海域です。
E3の戦訓から、今度はまずギミック解除を目指します。

まずはCマスでのS勝利(ギミック解除任務第一弾)を水上打撃部隊で、という事で。

水上部隊として、満潮さん、陸奥さん、伊勢さん、日向さん、隼鷹さん、飛鷹さん。
水雷戦隊として、鬼怒さん、摩耶さん、鳥海さん、皐月さん、時雨さん、朝潮さん。
隼鷹さん、飛鷹さんは例の如く「全制空戦闘機編成」で鬼怒さん、摩耶さんは対空装備満載の対空巡洋艦仕様。
皐月さん、時雨さん、朝潮さんは対潜装備満載で現代の機動艦隊のように随伴艦は対空と対潜に重きを置いて編成しています。
支援もフルに出し、基地航空隊をボスに集中……で分かるようにCマスついでにボス攻略も視野に入れるという強欲な編成です……が、

……でもこの編成で出撃するとCマスはA勝利、ボス攻略もHマスで頓挫という体たらく。

心を入れ替え、支援をすべて止め基地航空隊を2隊とも全て戦闘機で編成してCマスに集中。
さすがに基地航空隊の4回の襲撃と軽空母とはいえ2隻に満載の制空戦闘機、更に対空巡洋艦2隻による鉄壁の対空兵装は一撃でS勝利をもぎ取りました。

続けてEマスS勝利(ギミック解除任務第二弾)を狙います。艦隊は空母機動部隊で行きます。

機動部隊は、長門さん、陸奥さん、翔鶴さん、瑞鶴さん、赤城さん、加賀さんで、うちとしてはほぼ最強の布陣。
できればもう一隊噴進機(噴式景雲)が欲しいところですが、試製景雲(偵察型)から改修するには、流星5機と烈風6機それにネ式エンジン(入手済み)が必要です。流星は保存用に1機しかなく、烈風は全機練度マックスなので使いたくありません。工廠での開発で必要数を入手するまではお預けです。

水雷戦隊は、阿武隈さん、摩耶さん、鳥海さん、江風さん、島風さん、大井さんで、阿武隈さんと大井さんに甲標的を搭載して先制雷撃を担って貰っています。摩耶さんは相変らずの対空巡洋艦仕様。

基地航空隊は2隊とも普通の対水上攻撃仕様でEマスに集中。当然1戦でS勝利を得ました。

更にギミック解除任務の第三弾としてDマスS勝利を狙いますが、Dマスは第一ボスの戦艦棲姫さんがいるRマスへの道中であり通常編成の艦隊です。
ですから特に装備を吟味する必要がありません。既に「基地空襲時の被害無し」は入手していますのでDマスS勝利でギミックは解除できます。そこで戦艦棲姫さん狙いで艦隊を編成(といっても第二弾と同じ)して道中でDマスS勝利を狙う事にしました。
当然支援艦隊もフルで出撃させ、基地航空隊はボス戦に集中させます。

最初の攻撃でDマスS勝利を得てギミック解除に成功したせいか、とんとん拍子で進み4回で戦艦棲姫さんを撃破できました。

対戦艦棲姫戦終了:2017/05/15 03:50

対北方水姫戦開始:2017/05/15 04:15

そしていよいよラスボスの北方水姫さんです。

これまたWikiの記事により噴進爆撃機+爆撃機の組み合わせによる特効を得るために瑞鶴さんの流星(六〇一空)を彗星(江草隊)に変更しました。
で、Jマスの能動分岐でN(ツ級2隻)かK(戦艦棲鬼+ツ級1隻)のどちらを選ぶかですが、ツ級が大嫌いなうちの艦隊としてはKを選びました。たださすがにボス前で戦艦棲姫とやりあうのは気が重いですので、道中支援だけでなく基地航空隊の1隊を差し向けました。

いきなり2連続撤退がありました。3戦目に漸く北方水姫さんにたどり着きちょっとだけ削ることができした。
火力増強と第五戦隊による特効を考え、鳥海さんを那智さんに、江風さんをヴェールヌイさんに、島風さんを霞さん、大井さんを木曽さんに交代。

2戦後、夜戦カットインを狙い阿武隈さんに九八式水上偵察機(夜偵)、霞さんに照明弾を搭載。その後6戦をかけて何とかラストダンスに到達しました。

ラストダンスでは基地航空隊を2隊ともボスに集中させます。Kマスが不安ですが背に腹は替えられません(幸いにしてKマスでの撤退はありませんでした)。

火力が不足気味ですので長門さんと陸奥さんの電探に替えて一式徹甲弾を。

1戦の後、長門さんに替えて試製51cm連装砲を装備した武蔵さんを、ヴェールヌイさんには61cm五連装酸素魚雷をもう1基搭載します。更に第二基地航空隊に手に入れたばかりの「爆装一式戦闘機 隼Ⅲ型改(55戦隊)」を配備(二式大艇配備で航続距離を延伸)。これなら攻撃力をさほど落とさず制空力を向上できます。

勇んで出撃しましたが、北方水姫さんの耐久をあまり削れないまま夜戦に突入。
もう1戦必要かなと思いつつ戦闘の推移を見ていますと木曽さんがカットインで残りの耐久を一気に削りきって北方水姫を撃破。海域攻略を完了させました。もっとも木曽さん(水雷戦隊の4番艦に位置)はその後敵の残存艦のカットインを受け大破してしまいましたが。

あっけない感じで全イベントを完了しましたが、これでE5突破報奨のガングートさんの着任を得ました。
ガングードさん着任!

それだけでなく第廿壱戦で萩風さん、
萩風さん着任!

第廿肆戦で藤波さんをドロップしまして
藤波さん着任!
全6隻の着任を得るという実り多いイベントでした。
(もっともその後の掘りは収穫なしでしたが…… orz)

終了:2017/05/21 13:00

全24戦(撤退7回、ギミック解除出撃2回、A勝利15回)
資材保有量推移 燃料:-28945、弾薬:-25000、鋼材:-15940、鉄礬:-31818、錻桶:-81


某提督が仰っておられましたが、程よい難易度でありがたいイベントでした。そこそこドロップにも恵まれましたし……できれば海防艦にもお会いしたかったなあ。
資材の推移を見ると今回はバケツの消費が多いです。これはまた急ぎの副業(本業ともいう)が入って中断の憂き目を見ないようイベント完遂を急いだためで、入渠時間30分以上はすべて高速修復材を使いました。

さて次のイベントも無事に参加できればいいのですが。

追記にはイベント中の覚書ですが、艦隊、航空隊の編成を含む全経過を納めています(今回はカラー化はしていません。あれ大変なんです)。
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
艦これ | コメント(0) | トラックバック(0)

2016春イベ経過報告

2016年05月14日
また例によってイベント時だけの報告で申し訳ありません。

今年の連休はしょっぱなに風邪をひき込み、やっと熱が下がったと思ったら2日の出社日(仕事の都合で休めない)。
熱がぶり返して、それが漸く治まったと思ったら6日の出社日(また仕事の都合で休めない)でまた風邪が悪化という……。
風邪と付き合いつつイベントをこなすゴールデンウィークでした。

さてイベントですが、その前の準備から話を進めます。

三月十九日に「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」と「特二式内火艇」が実装されました。
これは当然イベントに必要な機材だろうという事で、デイリー以外サボっている改修に本腰を入れました……が、
「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」
・改修に必要な装備「7.7mm単装機銃」が足りない!(装備保有数を圧迫するので入手してもすぐ廃棄してしまいます)。
・更新に必要な装備「12.7mm単装機銃」がない!……って、三月十九日実装(開発のみ)ですから持っていなくて当然でした。
「特二式内火艇」
・改修に必要な装備「25mm単装機銃」がない。「12.7mm単装機銃」と同じ理由です。
・改修、更新に必要な装備「12cm30連装噴進砲」が足りない!

「7.7mm単装機銃」、「12.7mm単装機銃」、「25mm単装機銃」はドロップ艦娘の初期装備と開発で何とかなりますが、「12cm30連装噴進砲」は艦娘の改造に伴って持参してくれる分だけです。
改造した艦娘の数から考えますと12個手元にあるはずなのですが、廃棄して4つのみ。 orz

これは艦娘の改造で入手するしかありません。調べてみますと、「ちとちよ」のお二人を改二まで改造すれば、最もコストパフォーマンスよく「12cm30連装噴進砲」が4つ入手できます。
で、取り敢えず開発で必要装備を入手して「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」を作成しました。

それから、「12cm30連装噴進砲」を入手すべく、ドロップして防空近代化改修用に保存していた「ちとちよ」の錬成を始めました。
ところが、「ちとちよ」のお二人が漸く「航」まで来たところで、4月22日の新任務「上陸戦用新装備の調達」が実装され、「特二式内火艇」が入手できるようになってしまいました。

がっくりです。

「ちとちよ」のお二人はすでに水上機母艦、軽空母の両方がいらっしゃいますので、新しいお二人をどうしましょうか。
ただ、良い事もありまして、「ちとちよ」錬成は出来るだけ経験値が稼げて、ついでに未入手艦娘のドロップが狙えるところという事で、中部海域のMS諸島沖に出動していました。

結果、思惑通りに酒匂さんが来てくれました! 一隻残っていた阿賀野型の末っ娘です。
酒匂さん着任
「ぴゃ」とか「ぴゃん」とか(苦笑)。
……でも、
「生まれるのが遅かったのかな。あまりお外には行けなかったの」
の台詞は泣けます。
漸く外洋に出たと思ったら、水爆実験の標的艦だったなんて。

兎にも角にも、酒匂さん着任もイベントの副次的産物という事にします。
卯月ちゃん仕様の部屋ですがなんか似合う……というかせめて現世では穏やかに過ごせますように。

さてイベント本番です。


E1【前段作戦】北太平洋前線海域 「前線制海権を確保せよ!」【甲作戦】
開始:2016/05/03 06:00
終了:2016/05/03 21:40

マップ無し、お札の配分無しでスタートしましたので、後で確認すると間違った艦娘の配分あり、適切でない艦娘の配備有り(幸いにして大過ありませんでしたが)で、やはり「ある程度情報が出てからの方がいいなあ」と思いました。
もっともその情報が存在し得るのは、先陣を切って攻略して下さっている方たちがいるからこそです。
どうやって、Jump in the dark をこなしていらっしゃるのか。

攻略そのものは割と簡単に済みました。
しかし、連合艦隊を運用すると支援艦隊なしでもそれなりに資材を蕩尽してしまいます。

・戦闘経過
 全7戦中S勝利5回

・消費資材
 燃料:-7915、弾薬:-5179、鋼材:-5026、鉄礬:-1735、錻桶:-25


E2【前段作戦】北太平洋前線海域 「設営隊を揚陸せよ!」【甲作戦】
開始:2016/05/03 23:00
終了:2016/05/07 06:40

(ワンショットライターの悪名が高いとはいえ)一式陸攻欲しさに甲作戦を選びましたが、「『今回のイベント難易度は高い』と言われる一端が早速うかがえる海域」とのWikiの言葉通りにかなり苦労させられました。
ただ、最後の2戦前で漸く
「主力艦隊は陸上攻撃用装備のみとして、道中や水上部隊は支援艦隊にまかせる」
べきである事に気が付き、それに沿った装備変更を行いますと、
集積地棲姫さんには、Wurfgeraet42の二つ搭載、三式弾装備二隻。
砲台小鬼さんには、大発動艇+特二式内火艇、大発動艇+大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)。
がそれぞれ絶大な効果をもたらしました。もっと早く気が付いていれば……。

にしても、集積地棲姫さんは相変わらず中間管理職のもの悲しさが漂い、ほっぽちゃんと双璧を成す「撃破に罪悪感を感じる」深海棲艦さんです。

・戦闘経過
 全31戦中A勝利8回、S勝利2回
 第11戦からラストダンス(長い!)

・消費資材
 燃料:-4109、弾薬:-4816、鋼材:+2077、鉄礬:-922、錻桶:-44


E3 『激突!第二次南太平洋海戦』 南太平洋海域 【甲作戦】
開始:2016/05/07 18:00 
終了:2016/05/08 12:10

E2の戦訓で、輸送部隊は戦闘を考慮せずドラム缶と大発動艇を満載して輸送に傾注させ、
戦闘は警戒部隊と支援艦隊に任せますと、「E3は楽」とのWikiの言葉通り簡単に終わりました。

・戦闘経過
 全6戦中A勝利2回、S勝利3回
 第6戦がラストダンス

・消費資材
 燃料:-3204、弾薬:-5605、鋼材:+863、鉄礬:-86、錻桶:-3

撃破ボーナスで神風さんをお迎えできました。
神風さん着任
初期の駆逐艦らしく古風で可愛い印象です。

そして嬉しい事に、我が艦隊で最後に残っていた、
通常海域でドロップ可能な艦娘である伊四〇一さんが来てくれました。伊四〇一さん着任
スク水と言えば教室でしょう、常考。でも神風さんの羽織袴も教室に似合います。


E4【前段作戦】北太平洋前線海域 「前線飛行場を設営せよ!」【甲作戦】
開始:2016/05/08 21:00
終了:2016/05/14 12:10

またもや飛燕欲しさに甲作戦を選びました。
連休が明けると仕事が忙しく平日は帰宅が遅い為、出撃が一日一回で出撃回数の割には日数がかかってしまいました。

そうそう、E4から基地航空隊が運用できます。
基地航空隊の攻撃を「集中(基地航空隊の攻撃を2回とも一か所に集中)」にしますと、主力の開戦前に、
基地航空隊空襲Ⅰ→基地航空隊空襲Ⅱ→開幕航空戦→支援艦隊攻撃
と続きなかなか爽快です。惜しむらくは九六式陸攻も一式陸攻もまだ練度不足で大きな被害を与える事が出来ない点ですが。

・戦闘経過
 全13戦中A勝利7回、S勝利4回
 第10戦からラストダンス

・消費資材
 燃料:-6385、弾薬:-10857、鋼材:+704、鉄礬:+547、錻桶:-12


いよいよE5、E6、E7ですが……E5とE6がなー……艦娘の配分に苦労しそうです。

【以下は戦闘詳報です】
>>続きを読む・・・
艦これ | コメント(2) | トラックバック(0)

夏から冬へ(長げーよ)

2016年01月13日
前回の報告からまた4カ月空いてしまいました。
忙しくなった副業に輪をかける事態が生じまして……結局イベントは殆ど不消化に終わる有様です。

では夏イベのE6、E7から……。


E6『反攻作戦!FS方面進出』ソロモン海東部海域【甲作戦】
開始:2015/08/31 06:00 
終了:2015/09/06 05:00 

これでお分かりの様にE7の攻略は失敗に終わりました。
9月7日でイベントは終了ですから、一晩では絶対に無理です。

一週間かけて20戦ですから、艦これに費やす時間が少なかった事が最大の敗因です。
まあ、「それを捻出するのが提督の技量ではないか」と言われれば一言もありません。orz

・戦闘経過
 全20戦中A勝利8回、S勝利3回(効率的には悪くないのですけどS勝利が少ない……)

・消費資材
 燃料:-19073、弾薬:-16172、鋼材: -9437、鉄礬: -9743、錻桶:-79


E7『FS作戦』FS方面海域【甲作戦】
開始:2015/09/06 16:00 

E6終了後仮眠をとって、10時から町内会の理事会やその他をこなして帰ってくるともう15時。
E7攻略は絶対無理と判っていましたので、気力の半ばが抜けてしまい戦闘詳報を記録していません。

最初、正規空母4隻による空母機動艦隊を編成して普通に進撃しました。
確かボス戦が5戦目になり殆どダメージを与えられずに久し振りのD敗北を期しました。
その後は途中撤退ばかり。

やはりギミックを解く必要があると判断して(遅いよ)、あきつ丸さんを入れたX、Y削り艦隊を編成。
こちらは大した抵抗もなく、X、Yともに割と簡単にS勝利が取れます。
ところがWikiを読み直すと勝利の蓄積は5時でなく0時でリセットするそうで――3回目のS勝利を得るため出撃しようとした時点ですでに11時半を回っています。

完全に気力が尽きてしまい、ここで夏イベを終りにしてしまいました。

結局入手できた艦娘さんは、江風さん、速吸さん、リベッチオさんに止まりました。
試製甲板カタパルトを入手できたのが僅かな慰めです。



9月後半は夏イベント前に実装されたため、ほったらかしていた4-5攻略(戦闘詳報あり)でした。

それに続き、10月の秋刀魚漁です。

これも、三つの任務
・秋刀魚漁:「秋刀魚」を収獲しよう!
・秋刀魚漁:「秋刀魚」をもっと収獲しなきゃ!
・秋刀魚漁:もっと頑張ってもいいのよ!
の最後はあと4匹足りず達成できませんでした。

漁撈日誌ですが、
10月09日開始
10月12日03匹目水揚げ(1-1(キラ付け)、1-5(勲章稼ぎ)、1-6、3-5(勲章稼ぎ)で操業)
10月20日10匹目水揚げ(操業を3-3中心に移行)
10月25日18匹目水揚げ
10月30日26匹目水揚げ
といった感じです。
操業を3-3にする前は漁獲高が極端に少ないです。

そして10月28日、勲章奪取で2-5に遠征していると、
割烹着姿で七輪を使い秋刀魚を焼いている妙な艦娘をドロップ。

磯風さん着任

……磯風さんでした(酷いシャッタータイミング)。

後で知りましたが、言動がマイクロ長門と呼ばれるほど武人然としているとしているのにその登場。
しかも公式に激飯マズ艦娘だそうで、磯風さんを見るたびに申し訳無いとは思いますが微笑が口元に浮かんでしまいます。

でも、よく来てくれました。ありがとう!



11月上旬は新しく実装された工廠系任務による戦闘機開発に邁進しました。

最終目標は「零式艦戦53型(岩本隊)」!

対空値が烈風改に並ぶ+12、更に索敵+3、命中+2、回避+4の高性能機です。

ただ複雑に入り組んだ任務を熟す必要がありますので、
クリティカルパスを確認すべくプロジェクト・ネットワーク・ダイアグラムを作成しました。

PND-001

複雑に見えますが所要期間を気にする必要がありませんので、
単純に最多のタスクを通過する経路がクリティカルパスです。

しかも上部(プロジェクトの初期)の任務は終了しているのがありますので、
それを除外しますと、Bw4の「ろ号作戦」を皮切りに、
Bw4、Bm6、A56、B50、D19、F21、A59、B53、A60、A61、B54、F23、F29、A62、F30
がクリティカルパスのようです(次の図版の青線部)。
実際の任務の消化は次のようになりました。

PND-002

赤線で消されているのは10月28日の時点で終了していた任務です。
背景が水色の任務は機種転換、緑色の任務は試製甲板カタパルトの入手任務です。
赤色の手描きの字がその任務を達成した日付です。日付が2つある場合は任務達成にかかった期間を示します。

もっともこのダイアグラムには出てきませんが、
機種転換をする機体は殆ど練度maxにする必要がありましたので、それがかなり面倒でした。

結局、11月21日に無事「零式艦戦53型(岩本隊)」を入手出来ましたから何よりです。

以下次号!(何時の事やら……)
>>続きを読む・・・
艦これ | コメント(2) | トラックバック(0)

2015年夏イベント経過報告

2015年08月30日
夏のイベントが始まってしまいました。そして終わりそうです。
まだ春イベの報告も終わっていないのに……。 orz

とはいえ、艦これを始めて、初めて、燃料、弾薬、鋼材、鉄礬を十分(各100k以上)蓄積しての挑戦です。
しかし……とにかく副業が忙しく提督業に十分な時間を割けません。
この歳になって(副業での)徹夜や休日出勤は嫌です!
まあ「艦これしたいから」という理由では副業の削減を主張しずらいですが。

とにかく隙間を縫いながらの攻略でしたが、何とか半分を過ぎました(終了が5日伸びてくれて助かりました)ので経過をご報告します。


E1 『発動準備、第二次SN作戦!』 ショートランド沖 【甲作戦】
開始:2015/08/11 05:00
終了:2015/08/12 05:30

余り錬成の進んでいない娘で編成しましたが、あっさり終了しました。

・戦闘経過
 全5戦中S勝利5回

・消費資材
 燃料:+1285、弾薬:+1425、鋼材:+553、鉄礬:+815、錻桶:+2


E2 『連合艦隊、ソロモン海へ!』 ソロモン海 【甲作戦】
開始:2015/08/12 22:30
終了:2015/08/17 23:30

補給艦を狩りたくて下ルートを選びました。
錬成不足の娘の経験値稼ぎぐらいに軽く考えていましたら大間違い。
レベルがやや足りなかったらしく思った以上に回数がかかりました。
慌てて霧島さん、オイゲンさんを投入。辛うじて突破に成功しました。

・戦闘経過
 全22戦中A勝利7回、S勝利2回
 第13戦からラストダンス

・消費資材
 燃料:-10544、弾薬:-6115、鋼材:-5110、鉄礬:+2946、錻桶:-46
 (内、弾薬3000、鋼材1800はイタリアさん、ローマ改さんの改造用)

★江風さん着任です。育つと天龍さんのいい後継者になりそう。
見かけクールな海風さんが龍田さん的立ち位置かと思いましたが、ちょっと違う性格の様です。


E3 『激突!第二次南太平洋海戦』 南太平洋海域 【甲作戦】
開始:2015/08/18 21:00 
終了:2015/08/23 05:00

久し振りの連合艦隊です。
E3出撃艦はE6、E7にも参加できますから満潮さんもここに参加させます。
例によって最初は満潮さんを機動部隊の旗艦に据えましたが、火力不足は否めません。
これが最終局面なら満潮さんで押し切りますがまだ中盤にも至っていません。
ここは涙を呑んで満潮さんを水雷部隊に下げました。
もっとも空母機動艦隊の場合、水雷部隊が緒戦を飾ります。
その際、満潮さんと時雨さんは非常に高い確率で対空カットインを発動してくれますので、
それだけで十分攻略に寄与してくれています。

・戦闘経過
 全17戦中A勝利11回、S勝利2回
 第17戦がラストダンス

・消費資材
 燃料:-11337、弾薬:-6174、鋼材:-5206、鉄礬:-3540、錻桶:-51


E4 『海峡突入!敵飛行場を撃滅せよ!』 アイアンボトムサウンド 【甲作戦】
開始:2015/08/23 18:30
終了:2015/08/28 19:30

「13年秋イベントE4再来!」などというやらんでもいい事をしてくれた運営……ったく、もう。
まあ定席通り、昼戦ルートでゲージを削り夜戦ルートでゲージ破壊を試みました。
夜戦ルートは突破率5割でしたが、夜戦は概ね大破か無傷かですので突破できればボス戦はそれなりに戦えます。

・戦闘経過
 全24戦中A勝利9回、S勝利3回
 第15戦からラストダンス

・消費資材
 燃料:-11227、弾薬:-5884、鋼材:-8080、鉄礬:+331、錻桶:-36
 (内、弾薬1000、鋼材750は(E4作戦とは無関係な)葛城改さんの改造用)

★速吸さん着任です。夢にまで見た洋上補給担当艦ですが色々発動条件が厳しそうです。


E5 【Extra Operation】 『奮戦!西部方面派遣艦隊』西方海域戦線』  カレー洋 【甲作戦】
開始:2015/08/29 05:00 
終了:2015/08/30 17:30 

Wikiには息抜き面みたく書いてありましたがそれなりに歯ごたえがありました。

・戦闘経過
 全12戦中A勝利5回、S勝利6回
 第7戦からラストダンス

・消費資材
 燃料:-5321、弾薬:-5023、鋼材:-2041、鉄礬:-130、錻桶:-26

・E5参加艦艇とその動向
 秋津洲改さん36→43
 扶桑改二さん87→89
 山城改二さん87→89
 葛城改さん 50→55
 大井改二さん87→89
 島風改さん 84→85

リベッチオさん着任です。ロリ提督激増の原因となったようですが、当艦隊では問題ありません(爽笑)。


詳しい戦闘経過はちょっと量が多いので畳んでいます。

例によってドロップは低調です。まあS勝利が少ないですから仕方ありませんが。
さて、まだE6、E7の最難関が控えています。行き着けるのでしょうか。

【以下は戦闘詳報です】
>>続きを読む・・・
艦これ | コメント(2) | トラックバック(0)

春イベ反省会 その2 E5、E6

2015年06月27日
えらく遅くなってしまいまして申し訳ありません。肝心の戦訓分析より、艦娘さんたちの四方山話がどんどん多くなっていきます。
まあそれが目的ですけど。
今回はE5とE6で。E7(ローマさん探索)とE8(レア艦(特に磯風さん)探索)はこの次に。

■E5『アンズ環礁泊地攻撃作戦』アンズ環礁沖【甲作戦】

・艦隊編成:通常艦隊+航空支援艦隊

・出撃回数……10
・途中撤退……1
・ボス戦A勝利4
・ボス戦S勝利5

・燃料-6000、弾薬-4000、鋼材-3000、鉄礬-2000、高速修復材-20

 大淀「いよいよエクストラ・オペレーションですね。E5とE6こそが本番、と言いますか、全力を尽くすに足る雄敵が相手です」
 提督「本当に全力が必要だったね。でもまあE6は出撃制限無しだし、後のレア艦掘りとかでの支障を考えなくてよければE5も、E3、E4に出撃してない艦娘なら誰でも景気よく編成できるからそんなに心配はしなかったけど」
 
 大淀「とはいえ、最終局面で敵の強化に合わせて武蔵さんを投入した以外は、結局最初に編成なさった艦娘で通されましたね」
 提督「うーん、面倒臭いのもあるけれどE5って結構動かしにくい編成だったよ。鈴谷さんと熊野さんは『らしんばんとの決戦(航路固定)』上外せないし」
 大淀「拘らなくて済ます事も出来ましたけど、空母一隻でFマスの航空戦という仕儀は出来れば避けたいですからね」
 提督「加賀さんと言えど……だね。航路決定には最上さんと三隈さんでもよかったらしいけど、うちには三隈さんいなかったしなあ。今もいないけど……orz」

【うちの鎮守府が突破した時に流れていた情報では上記の組み合わせだけでしたけど、その後「鳥海さん、龍驤さん、由良さんから2隻」や「川内さんと吹雪さん」や「蒼龍さんと飛龍さんと赤城さん」などの組み合わせも見つかったようです】

 大淀「戦艦枠は火力と装甲で考えると長門さん、陸奥さん、武蔵さんのうちのお2人ですね」
 陸奥「投入できる空母が一隻なら、制空権確保を考えると1スロットで46機を格納できる加賀さん以外あり得ないわね」
 加賀「(ちょっとだけ頬を染めて)恐悦至極です」
 長門「軽巡洋艦や駆逐艦の攻撃を一手に引き受けてくれるろーちゃ、あ、いや呂五〇〇も動かし難いとなると……なるほど殆ど固定編成だな」

 伊五八「異議ありでちっ!」

 提督「おおぅ、っと……どうした、ゴーヤちゃん。はっちゃんにイムヤさんにイクちゃんにまるゆさん、潜水艦寮一同うち揃って……あ、オリョクル行きたいの?」

 伊一九「オリョクルはもう飽きちゃったのって、何時も、何時も言ってるのっ」
 伊五八「それより舞鶴の温泉に連れて行って欲しいけどなぁ……じゃなくてぇ!」
 呂五〇〇「でっち、それろーちゃんの台詞ですって」
 伊五八「でっちじゃ無くてゴーヤだよおっ。もー何度言っても、ろーちゃんってば」
 
 伊一九「舞鶴の話もゴーヤの呼び方も後回しなのっ! そうじゃなくて、イクは今回のろーちゃんの出撃について抗議したいのね!」
 
 まるゆ改「ひ、被害担当艦って酷いと思いますっ!」

 伊八「そうです。(呂五〇〇を抱き寄せつつ)うちの可愛いろーちゃんに何てことさせたんです! 嫁入り前の娘の珠の肌に傷でもついたら如何するんですか」
 呂五〇〇「(赤くなりもじもじしながら)ろーちゃん……可愛いですって?」
 伊一六八「ろーちゃん、反応する所が違うから」
 加賀「それに伊八さんも言い回しが古過ぎなような……私たちは艦娘。戦闘に参加するのは天命、時に損傷する事も因縁。それに轟沈しない限り、傷は入渠で跡形もなく治す事ができます」
 伊八「そ、それにしたって最初から被害を受ける事を前提とするなんて」

 提督「君たちが何を勘違いしているか分らないけど、私はろーちゃんを被害担当艦として編成した訳じゃないよ」
 
 まるゆ改「で、でもろーちゃん毎回損傷して戻って……」
 陸奥「私たちも敵の主力艦を相手にして毎回損傷したけど……(小首を傾げ可愛らしく微笑みつつ)私たちって被害担当艦?」
 伊一九「そ、それは、勿論。陸奥さんたちを被害担当艦とは言えないのね……前世ならともかく」

 長門「前世は一方的に叩かれる事が多かったからな。でも現世の私たちは――もちろん呂五〇〇もだが――甘く見ると痛い目を見るぞ。特にろーちゃ、呂五〇〇は敵の攻撃を中破以下の被害で凌いだだけでなく、強かな逆撃を加えている」
 提督「そう、ろーちゃんは、今回の出撃では劈頭雷撃と雷撃戦でかなりの敵艦を沈めている。つまり深海棲艦と堂々と渡り合って勝利したわけだから――」
 陸奥「(潜水艦娘達にウインクを送りつつ)だから、ろーちゃんは艦隊主力だったと言えるのよ。私たちだけじゃ絶対突破できなかったもの」

 伊五八「で、でも、小っちゃいろーちゃんにそんな役目させなくても、ゴーヤとかイクとか古参の娘たちの方が耐久値も大きいし」

 提督「ろーちゃんは小型で耐久こそ君たちに一歩譲るが、装甲と回避は間違いなくトップだ、違うかい?」
 伊一六八「確かに、私たちの中では一番小柄なろーちゃんだけど、被弾による被害は少ないのよね」

 呂五〇〇「えへへー、ろーちゃん照れますって」

 提督「私はそこに賭けたんだよ。つまり『ある程度被害を受けても大丈夫』ではなく、『被弾しにくい』、『被弾しても被害になり難い』事を優先したんだ。だからろーちゃんにはダメコンを積んでないだろう」
 伊八「それもどうかと思いましたけど」
 提督「大破はしない、させない、観に行か……あ、いや。その何だな、大破はさせない『万が一大破したら潔く己の目算違いを認めて撤退する』その決意の表れなんだ」

 伊五八「提督……見直したでち(一応、キラキラ、キラ付け状態)」

 武蔵「(笑いを堪えながら)実際にはダメコンチームの運用に自信がなくて、己の運用ミスによる轟沈を恐れたが故だがな。違うか提督よ」
 提督「あ、武蔵さん、しーっ! しーっ!」
 
 伊一六八、伊一九、伊八、伊五八、まるゆ「(みんなよく似た納得顔で)そんな事だと思った(わよ、のね、です、でち、もん)」

 呂五〇〇「(きょろきょろ)何、何、何事ですって?」
 伊八「(改めて呂五〇〇を抱きしめつつ)提督はろーちゃんに心から感謝してるって。私に自慢していいよ、私たち潜水艦娘全員にとってもろーちゃんは誇りだからね」
 呂五〇〇「(褒められ過ぎてパニックを起こして)うわー、うわー、Danke、Danke!ですって」
 
■E6『打通作戦!ステビア海を越えて』ステビア海【甲作戦】

・艦隊編成:
 前半:連合艦隊(打撃部隊編成)+航空支援艦隊
 後半:連合艦隊(機動部隊編成)+支援射撃部隊

・出撃回数……26
・途中撤退……18
・ボス戦A勝利3
・ボス戦S勝利5

・燃料-22000、弾薬-21000、鋼材-9000、鉄礬-6000、高速修復材-93

 時雨「(慰労会から流れてきて戦闘詳報をめくりながら)……それにしても、資材の消費量の大幅な増加は覚悟してたけど、高速修復材の消費量が僕の想像を絶してるなぁ」
 満潮「遠征と任務で途中補給してるから、実際の消費量は完全に100超えてるわね」
 時雨「ふーん……って、満潮なの? 提督は?」
 満潮「鎮守府スタンドバーに行っちゃったみたいよ。すぐ戻るって言ってたけど、どうかしら」
 朝雲「(満潮に抱きつこうとして邪険に押しのけられながらも結構嬉しそうに)本音はE5の反省会の最後でまた臆病ぶりを暴露されたから恥ずかしくて逃げだしたんだろうしねー」
 
 時雨「あれ、二人とも大淀さんに追い出されたって聞いてたけど?」

 満潮「私はちょっとだけ外で潮風を浴びて頭を冷やした後、すぐ戻って来たわよ」
 朝雲「(何とか満潮に抱きつこうとあの手この手を弄しているが功を奏さないまま)私は泣き虫モード入っちゃった山雲を部屋で寝かしつけて戻って来たの」
 満潮「(抱きついてくる朝雲を五月蠅そうに払いのけながら)だー、かー、らー、あんたは山雲と仲良くしてりゃいいじゃない。同室であれだけべったり過ごしているんだから」
 朝雲「山雲は妹みたいなものだもの。そりゃ可愛いけど貴女に捧げている純愛とは少し違うわ(満潮を(恣意的な)潤んだ瞳でじーっと見つめる)」
 満潮「(朝雲の視線をうっかり受け止めてしまって暫時硬直)→→→→→→→→(漸く硬直解除)気色悪い事言うなーっ! 殴る、やっぱり殴って性根を叩きなおすっ。軍人精神注入棒はどこに……」

 大淀「(氷の様な冷たい口調で)お二人ともまた放り出されたいのですか?」

 満潮「あ、いえっ。失礼しました」
 朝雲「私たち二人とも、E6ことステビア海打通作戦の戦訓分析に参加する事を心から望んでおりますっ!」
 大淀「それは嬉しいです。分析に携わる艦娘は一人でも多い方がより多角的で詳細な検討が出来ますから。で、満潮さん、朝雲さん?」

 満潮、朝雲「(やや怯えて)ひゃ、ひゃい?」

 大淀「提督の動向と申しますか行方ですけど、先程のお話は本当ですか?」
 満潮「あ、はい。さっき司令官公室に資料を取りに行った帰りに控室の前でお会いしました。その時にそう仰っておられましたけど」
 朝雲「私の意見は日頃の提督の行動からの類推にすぎませんが蓋然性は高いと思います」
 大淀「そうですか……それですと提督は戻ってこられても酩酊状態かもしれませんね(溜息)。仕方ありません。こっちはこっちで続けましょう」

 伊勢「ほら、提督だって勝手に反省会抜け出してるじゃない。私が抜け出して悪い訳が……」
 日向「(こっそり抜け出そうとする伊勢の襟首を再び捕まえて引き戻しながら)『殷鑑遠からず』だっ。悪い見本に倣うんじゃない!」

 大淀「(何の彼の言いつつ楽しそうにじゃれている(ようにしか見えない)伊勢と日向を横目でチラ見しつつ微笑んで)さて、E6では前半が水上打撃部隊、後半が航空機動艦隊という構成でしたが……」

 扶桑「水上打撃部隊の主力は長門さん、陸奥さんに山城と私でした。前半だけとはいえ主力として出撃できた事は艦娘として冥利に尽きます」
 山城「どうせなら姉さまに最後まで主力を任せて下さればよかったのに。どうせ例によって資材の枯渇が原因なのでしょうけど。…ほんとっ、あの無能提督は」
 
 扶桑「山城、そんな風に言うものではないわ。提督は私たちに目をかけて下さっているのよ。ほら(ちらっ)、このプリエーゼ式水中防御隔壁だって最新鋭装備を優先的に私たちに提供下さったのだし」
 
 日向「お、おいっ。山城どうした?」
 時雨「あー、(扶桑のあられもない格好と華血まみれの山城を見比べて、さもありなんという表情を浮かべやや事務的な口調で)大丈夫ですか、山城さん?」
 山城「(噴き出した華血を抑えながら)ね、姉さまっ、人前で素肌を曝してはなりませんっ!((声を潜めて)そんな振る舞いは二人っきりの時だけに……)」
 扶桑「そんな事よりその出血は!? (慌てて山城を抱きかかえるように支えながら取り出したハンカチで華血を押さえて)ど、どうしたの、山城。体調がよくないの? 入渠する? 大規模作戦が終了して一段落したから今なら空いていると思うわ」
 山城「い、いえ。だ、大丈夫ですから。ハンカチが汚れますっ。((先程より更に声を潜めて)これ以上姉さまに接近されたのでは失血死か至福死が待ってますぅ……)」

 最上「(上を向いた山城の鼻をティッシュで押さえてそのうなじを手刀で軽くたたきながら)山城、これでどうかな」

 山城「ありがとう、もう大丈夫みたい。姉さま、ご心配をおかけしてすみません」
 扶桑「そんな事は全然かまわないけど、本当に大丈夫なの?」
 最上「後は僕が面倒を見るから、扶桑さんは反省会を続けて貰えますか。ほら、中断しちゃってますから大淀さん困ってますよ」
 扶桑「そう? …………(山城と最上と大淀を何度か見比べた後)最上、申し訳ないけれど後は宜しくお願いします。山城、無理はしないようにね」
 山城「ご心配頂いてありがとうございます、姉さま。ちょっと打ち合わせスペースのソファをお借りして(姉さまの今のお姿をじっくりと反芻して心に焼き付けておくべくっ)休んでいますね」

 大淀「(やや苦笑交じりに)ええっと、もう反省会を続けても宜しいでしょうか?」  

 扶桑「あら、ご、ごめんなさい。ええと……そうそう、プリエーゼ式水中防御隔壁の事だったわね」
 大淀「はい、E6前半では最も印象的な出来事だと提督も仰っておられました。あ、も、もう見せて頂かなくて結構ですよ」 
 扶桑「そう?(服を直しながら) 確かに……私もこの鎮守府で長く過ごしてきた一人ですけど、忘れられない出来事になりました」

 北上「(あっけらかんとした調子で)E6の第伍戦までのうち四戦だったっけね。扶桑さんか山城さんが大破したのは」

 扶桑「そうなのです。しかもその中の三戦は私たちの大破が直接の撤退原因になっていたの。主力艦としての活躍を期待されながらの体たらく……提督にも皆さんにも申し訳なくって……」
 大井「そんな事はありませんわ。私や北上さんも大破してますし。撤退が頻発したのは、やはり作戦の最終局面の難しさに起因するものだと思います(でも、他の艦娘の大破は兎も角、北上さんにまで大破を甘受させた事は、許す気も忘れる気もないですからね、て・い・と・く)」
 扶桑「慰めてくれてありがとう。大井さんはいつも誰にでも優しいのね」
 (一瞬みんなの会話が途切れ次の瞬間、驚愕の視線で扶桑と大井を見比べだした。「いつも?」、「誰にでも?」、「優しいって? 誰が?」北上だけは悠揚迫らざる態度で宴会場から持ってきたアイス・チャイ・ラテを啜っている)
 扶桑「あの時もみんなは慰めてくれたけど……。でも忸怩たる思いを抑える事は難しかったわ」

 陸奥「第六戦出撃前にガンルーム(士官室転じて艦娘出撃待機室)に集まっている時だったわね。扶桑さんと山城さんに限らず、頻発する大破撤退を減らす方策を練っていた所に提督が現れて――」
 長門「意気揚々と、リットリオとローマから借りてきたというプリエーゼ式水中防御隔壁を誇らしげに披露したのだったな」
 扶桑「ええ、明石さんが山城と私に装備して下さって、提督は『多少火力は低下するけど、きっとそれを補って余りある効用があるはずだよ』って励まして送り出して下さったの」
 長門「まあ、あの提督の提案だから話半分に聞いていたが、第六戦から第九戦までは二人とも損傷(小破以下)以下で切り抜けたからなぁ。効果絶大だったな」
 
 大井「私にも印象的でした。あの提督の着想が功を奏したという事実に驚かされましたから」

 北上「大井っちは辛辣だねぇ。(一同瞑目しながら深く頷く)まあ、終わりよければすべて良しって事でいいんじゃないかな」
 金剛「Just momant ネ、北上ィ。それは違いマース。提督はその直後に重大な判断 miss を take しているね」
 北上「空母機動艦隊に切り替えた事? あの時の資材備蓄量から考えるとやむを得ない気もするけど」

 金剛「物には timing というものがありますよ。扶桑と山城の success で team 全体が flow になっていたのに、それを解体するなんて、まったく sheer folly (愚の骨頂)ネッ」

 満潮「水上打撃部隊による資源の激減振りに周章狼狽したあげくの編成変更だもの、状況を確認する余裕がなかったのよ……にしても、臆病にも程があるわっ」
 金剛「おおぅ、満ッチーも辛辣デェス。(なんだか楽しそうに)大井ッチーといい満ッチーといい、この鎮守府には twin-delay が多いですネー」
 満潮「ミッチーじゃなく満潮ですっ。それに率直な印象を吐露しているだけでツンデレでも何でもないわ! 第一 twin-delay ってなによ、『よく似た遅延』?」
 金剛「発音の似た単語で代替してみたケド、満潮はちゃんと understand できたじゃないデスカ。きっと、いつも呼ばれ慣れてるからネッ」
 満潮「呼ばれてないわよっ! だいたい……(むぐっ)」
 大井「(満潮の口を後ろから両手で塞ぐと)それよりも何よりも、私の事を大井っちと呼んでいいのは北上さんだけ。何度言えば分って頂けるのかしら」

 北上「そうあからさまに言われると照れちゃうなー。ありがとね、大井っち」

 大井「いえ。そんなぁ……じゃなく! あまり調子こいてると金剛さんと言えども片舷20射線の61cm酸素魚雷が黙っていませんよ」
 金剛「それは大変 sorry ね。でもオーッ井は面白い事を云うですねー、20斜線の魚雷デスか―」
 大井「人の名前を呼ぶ時におかしな抑揚つけるのも止めて頂けないかしら」
 時雨「……えっと『調子こいてる』って?」

 大井「(赤くなってやや慌てて)『調子に乗っていると』って言いましたっ! ですよね、北上さん?」

 北上「あ、ごめん。よく聞いてなかったよ」
 金剛「(委細構わず)宜しい。この金剛、高速戦艦の誇りに賭けてその20射線の魚雷悉く回避してみせま show! 表に出るですねっ!」

 比叡「金剛お姉さま、お姉さまがわざわざそんな失礼な小娘のお相手する必要はありません。この比叡、お姉さまの名代としてそこの軽巡に礼儀というものを叩き込んでやります」

 大井「小娘ですって! 金魚の糞の分際でしゃらくさい。とはいえ、面白いというかありがたいわ。金剛さんだけじゃ物足りないって思っていたのよ。構いませんからお二人で挑んで下さいな。片舷20射線、両舷で40射線あれば、お二人でもお釣りが来ますわ」
 比叡「まあぁああ! 私の事(お姉さまの金魚の糞ですって♪)はともかく、お姉さまにまでその不躾な物言い。やはり教育的指導が必要なようね」
 時雨「……えっと『調子こいてる』に『金魚の糞』に『しゃらくさい』って? 大井さん、割とカラフルな表現多いね」

 大淀「…………大井さん、金剛さん」

 大井「な、何よっ。何か文句が……って、金剛さん、どうしたの?」
 金剛「(ジャンピング土下座しつつ)も、申し訳なかったネ、オゥッ淀。もう反省会に関係ない話はしない。大人しく討議に参加する。超弩級戦艦の誇りに懸けて近いマスッ」
 大淀「(嫣然と微笑んで)それはありがとうございます。で、大井さんは?」
 金剛「(大井の耳元に口をよせ(結果的に満潮の耳元にも近づいて)声を潜めると)は、早く謝りなさイ。本気で怒ったオゥッ淀はこの鎮守府の誰よりも、いえ多分、我が海軍麾下のどの鎮守府の誰よりも、それどころかどの深海棲艦よりも怖いヨ」
 大井「何言ってんのよ、そりゃ大淀さんは生真面目だけど……(そこまで言うと周囲の異様な静けさに気が付いた大井は周囲を見回す。反省会の参加者のみならず、慰労会のほぼ全員がお喋りも食事も止めて自分たちを必死の形相で見つめている。武蔵や長門、赤城や加賀の鎮守府最強メンバーまでが真っ青な顔をして……ふと口を塞いだままになっていた満潮を見ると)」

 満潮「(こちらも真っ青になってこくこくと激しく頷いている)」

 大井「(大慌てで最敬礼して)す、すみませんでした、大淀さん。ちょっとじゃれ合いが過ぎまして。ほら、私は(北上さんは別格だけど)金剛さんと仲良しだし、ねー金剛っち?」
 金剛「(『金剛っち』って……語尾が『i』でないと親愛の情を示す接尾辞『っち』は使えないと思うのですけど……日本語は奥が深いネー)そうそう仲良しだからつい羽目を外してしまったヨ。でももう大井っちも私も真面目になるからどうか勘弁ネッ」
 大淀「分りました。お二人の的確な判断力と創意に富んだ分析力は戦訓分析には得難い力ですからね。宜しくお願いします。で、比叡さんはどうなさいますか?」
 比叡「(金剛の横に並んで正座済み)お、お姉さまがそう仰るなら比叡に否やはありません。大人しく戦訓分析に参加致します」

 大淀「(零れるような朗らかな笑みを浮かべて回りを見回す。一同は深い安堵の溜め息をついてそれぞれが中断していた行動に戻った)では、E6後半、空母機動艦隊の分析に移りましょう。主力は赤城さん、加賀さん、それに雲龍さんでしたね」

 赤城「(びくびく)は、はい」
 加賀「(おどおど)ま、間違いありません」
 雲龍「(にこにこ)はい、大丈夫です」
 天城「(雲龍の後ろに隠れつつ)お姉ちゃん、思ったより度胸あるなあ」
 葛城「(天城の後ろから、小声で誰に聞かせるともなく)というより、いつもの様にぼーっとしていて何があったか把握していないだけじゃないかと……それはそれで度胸据わっていると言えなくもないけど」

 天城「(葛城を振り向くと毅然とした調子(お姉ちゃんモード)で)葛城、雲龍お姉さまの事をそんな風に言うものではなくってよ」

 葛城「回りがどんな状況でも、それを委細無視して、必ず雲龍お姉ちゃんには『妹モード』、私には『姉モード』を使い分けてみせる天城お姉ちゃんもある意味凄いよ」
 
艦これ | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。