09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

実写版『マリア様がみてる』の薦め

2010年11月07日
 聖典(『マリア様がみてる』原作)の無印(第一巻)が映画化され先週の土曜日に封切られました。

「映画館の入り口に、『この門を入る者、一切の希望を捨てよ』って扁額を掲げておいた方がいいんじゃないか」
とか、
「やりきれない感情のはけ口として、握りしめる為のぬいぐるみか、引き裂くためのハンカチが必須よね」
とか、観賞前は言いたい放題を言っていた私たちですが、

すみませんでしたっ!!!!!

 封切り当日、私たち『ラヴ茶(『祥子ラヴ人の茶の間』という祥子さまラヴな人たちが集ったチャット)』の東京残存メンバー八名はうち揃って『(実写版)マリア様がみてる』を観に行きました。(女子中学生、高校生の群れ(『君に届け』の前売り購入が目的)を掻き分けて八人分のチケットを確保してくれた一真さまありがとう!)
 過去にアニメや小説を原作とした実写の悲惨な結果をいやというほど観ている私たちは、映画化が発表されてからずっと冗談めかした自虐的な表現の数々で最悪の事態に対する心の準備を怠りませんでした。いやもう、あんなに出来上がりを心配しながら上映開始を待った映画は空前でしょう(出来れば絶後であってほしいものです。精神的に心底疲れます)

しかし、私たちの予想はあっさりと裏切られました。

それも最良の形で。

 完成した映画のレベルの高さは近年の日本映画の中でも特筆に値するものでした。(終わった後にみんなで飲んだお酒の美味しかった事♪)

 まず原作に通底する精神を完全に自家薬籠中のものとした上で、映画に相応しいアレンジを加えた脚本(佐上佳嗣さん&寺内監督)が素晴らしいです。原作中毒を自認……どころかアイデンティティの一部として誇っている私でさえ、大筋においては文句の付けようがありませんでした。
 そして、これ以上は無いロケ地の選定と隅々までも揺るがせにしない演技指導、映画ならではの適切な演出と全ての方向に見事な手腕を発揮なさった寺内康太郎監督。そしてそれを支えたスタッフさんたち。
 最後に(と言っても最小の……という意味ではありません)短期間の間に長足の進歩を遂げ、見事な演技を見せてくれた俳優さんたち。

 予告編を観た時には、拙い演技と台詞の活舌の悪さと平板な調子が気になって「ビジュアルだけで配役したのでは……」と思わずにはいられなかったのですが、映画本編では、それらがほぼ一掃されていて、俳優さんたちがどれほど頑張ったのかその片鱗を感じる事ができました(勿論、完璧ではないですが、僅かに残った台詞の拙さが『初々しさの演技』と受けとめられる程に上達していました)
 特に本編での俳優さんたちの演技は素晴らしかったです。
『マリア様がみてる』は人間としてもっとも多感な少女の時期を中心とした物語ですから、どうしても声に表し難い心情の表現が多くなります。小説でしたら地の文で表現できますが、映画ですとそうはいきません。僅かな視線の移動や手の動き、口もとの変化で表現しなければなりません。
 凡庸な作品でしたら台詞で感情を羅列する所ですが、寺内監督は敢えてその難しい『僅かな演技による内面の感情の表現』を選択し、俳優さん達がその要求に見事に答えていました。

 祐巳ちゃん役の未来穂香さんは登場した瞬間から一年生らしい初々しさ(まさかこんなに愛らしい『タヌキ顔』が実際に存在していようとは)で私たちを魅了し、その後も「祥子さまが惚れるのも無理はない」と観る人を納得させる勢いで素直な可愛らしさを強化していくのですが、それだけに留まらず、映画の端々で、「よくあの年でこの難しい演技を」と思わせる姿を見せてくれ、優れた俳優の資質を示してくれました。
 私は未来穂香さんが見せてくれた「吃驚して目を見開いた祐巳ちゃん」の演技でご飯三杯はいけます♪

 祥子さま役の波瑠さんは、いかにも『素敵だけどちょっと恐い上級生』というイメージで登場したのですが、映画が進むにつれて原作どおりに「祥子さまは可愛いなあ」という印象が重なっていくと同時に「何? この美人」と唖然として見入ってしまう様なカットが増えていきました。
 『溜め息が出る程の美人(=祥子さま役に相応しい程の美人)』と表現せざるを得ない人がキャラクターとして作り上げられていく様を久し振りに見た気がします。

 三薔薇さまは本当に安定した隙のない演技で最初から安心して見ていられました。
 (登場が祐巳ちゃんの騒動が始まってからなので)終始上機嫌で楽しそうにちょっかいをだす、でもそれだけじゃない江利子さまを好演した秋山奈々さん。
 原作のイメージそのままに、格好よくて飄々としているけど実は結構お節介で優しい聖さまを見事に演じて見せた滝沢カレンさん。(ビジュアルがあまりにも聖さまのイメージ通りで吃驚しました)
 そして今回の薔薇さまの中でも最重要な役どころである蓉子さまを演じて下さった平田薫さん。この方がまた素晴らしかったです。
 ご存知の様に聖典の無印では、スール制度は直接には余り詳しく語られません。むしろシンデレラ騒動の中での(スールになる前ですが)祥子さまの祐巳ちゃんに対する振る舞いと蓉子さまの祥子さまに対する接し方からスール制度のあり方を理解する事になるのだと思います。
 ですから、蓉子さまのお姉さまとしての振る舞いはスール制度を理解するポイントになります。
 平田薫さんは寺内監督による原作そのままのシーン、原作を膨らませたシーン、原作にないシーンの数々を見事にこなして素晴らしいお姉さま振りを発揮なさっていました。

 少ない出番の中でも印象的だった、坂田梨香子さんによる令さま。高田里穂さんによる志摩子さん。三宅ひとみさんによる由乃さん(改造手術を受けた後の演技がみたい♪)。
 聖典でもキーパーソンの広瀬アリスさんによる蔦子さんも思わず笑いを誘われる、でも「なるほど」と思わせる設定が付け加わっていて楽しかったです。

 総じてA+を差し上げる事の出来る佳作です。が、敢えて欠点を探しますと……やはり原作を知らないとスール制度や山百合会が理解しにくそうです。
 一応映画らしい工夫を施した説明はあるのですけど、スール制度の機微や三人の薔薇さま(=同等の生徒会長)による山百合会(生徒会)執行部等は一度で理解できるものではないですし、更に薔薇さまの妹と山百合会の関係となると正しい理解は不可能に近いのでは、と思います。

 まあ、『マリア様がみてる』をまったく知らない人がふらっと観る可能性は低いですから、致命的な欠点ではないと思います。

 改めて監督とスタッフ、出演者の皆さまに心からの感謝を捧げます。素敵な作品をありがとうございました。

 そして、今、これを読んで下さっているあなた。もしあなたが『マリア様がみてる』のファンで、実写版の出来に危惧を抱き鑑賞を躊躇なさっていらっしゃるのでしたら、騙されたと思って映画館に足を運ばれる事を心よりお薦めします。

私たちと同様に、

その危惧はきっといい方に裏切られる

はずですから♪
スポンサーサイト
マリみて | コメント(0) | トラックバック(0)

聖典新作とSS新作

2009年07月21日
うちの母屋は『マリア様がみてる』の二次創作サイトです。
‥と言いつつ、ここしばらく新作SS無しの状態が続いておりまして‥(伏し目)
で久し振りにSS『妄想姉妹と結婚妄想』の連載を始めました。
祐巳ちゃんと瞳子ちゃんのスール成立後の山百合会での生活を描いたコメディです。

連載にしたのは‥実は恥ずかしながら、まだ(全二十章のうち)最後の方の一章が推敲中で‥。
で、「全部完成してから」とか考えていますと仕事が忙しいとか何とか理屈をつけて、なかなか完成させませんので、自分を追い込むために毎日更新が原則の連載形式にしました。
これで頭の中に時限装置の時を刻む音が鳴り響く事になります。

もっとも、前回『結婚の諸相に関する普遍的ならざる一考察』で同じ事を目論んだのですが、失敗に終わり、最後の方の章のアップを大幅に遅らせた前科があります。
ですから、どの程度効果があるのかは微妙ですが‥。

もし宜しければ、ご覧頂ければ幸いです。

あと、新SSアップに伴って、SS(サイドストーリー)の展示頁のデザインの変更と、
遅ればせながら(本当に遅いよ)志音さまのサイトのブログを参考にさせて頂いて『GENOウィルス』チェックを行いました。(幸いにしてPCもサイトも感染していませんでした。)
志音さま、ありがとうございました。

そして聖典新刊『リトル ホラーズ』です。
六ヶ月前に『ハロー グッバイ』を読み終えた時は「ああ‥これで『マリア様がみてる』ともお別れなんだなあ」と感慨に‥耽るわけが無いでしょう!
あの読者を裏切るのを生き甲斐にしていらっしゃる(かもしれない?)今野先生ですからね。
『ハロー グッバイ』のあとがきで、「形をかえて‥」などと、さも今生の別れみたいな表現をなさった以上、「遅かれ早かれ再開する。それも別の時代とかでなくこの物語の延長線上で」はファンの方々なら当然予想していたと思います。
ただ、短編集とはいえ、ほんの半年後に再開できるとは思いませんでしたので、嬉しい驚きではありました。

で、簡単に感想を♪(もう隠す必要もないとは思いますが、一応ネタバレですので)
>>続きを読む・・・
マリみて | コメント(2) | トラックバック(0)

『アニみて4t』はやっぱりいいのです。Ⅱ―DVDで発見編―

2009年04月26日
 えー‥一昨日買って来た『マリア様がみてる 4thシーズン DVD Vol.2』を観ていて気が付きました。
このDVDには第四話『未来の妹』が収録されています。
 『未来の妹』では妹オーディションとその直後の剣道交流試合が描かれていますが、祐巳ちゃんと祥子さまが試合会場で前薔薇さまのお三方と出会うシーンで、
聖さまが蓉子さまの腕をがっちりとホールドなさっていましたっ!
‥まあ、それだけなのですが。(嫁の危機ですよ。某四畳半の主さま♪)

 アニメの方は尺の関係から相変らず色々と省略してありますが、よく纏めているなあと思います。
 でも、ひとつ贅沢を言わせてもらえれば、祐巳ちゃんと由乃さんのスールとして名乗りを上げた五人がことごとく玉砕した後の祥子さま、祐巳ちゃん、乃梨子ちゃんの述懐は入れて欲しかったなあと思います。
 普通の生徒が抱く『華やかな山百合会』のイメージが実は幻想で、実際の山百合会は地味な事務仕事が殆どを占めているのですよね。そしてその事に気が付かされた彼女たちに示す山百合会の面々の理解が、彼女らの人となりを感じさせてくれて好きだったのです。

 これが妹オーディション中の祐巳ちゃんと笙子ちゃんの会話と呼応している‥あ、笙子ちゃんのエピソードもきちんと描いて欲しかったけど‥これは蔦子さんと笙子ちゃんの馴れ初めから描かないといけないからちょっと無理ですね‥残念。

 さてさて、『4thシーズン』は一応全話録画していますが、勿論DVDで全話揃えます。(出来れば省略されたエピソードをOVAで出してくれないかな‥)また何か新しい発見があるかもしれませんし♪
マリみて | コメント(0) | トラックバック(0)

アニメーション『マリア様がみてる 4thシーズン』はやっぱりいいのです。

2009年02月26日
 今日、気がつきましたが‥‥‥カテゴリに「マリみて」が無かったっ!
 ここの母屋は「マリア様がみてる二次創作サイト」なのに‥。 orz

 あ、その、「マリア様がみてる」の四度目のアニメ化です。現時点で八話まで放映されています。(今八話が終わりました。祥子さまが祐巳ちゃんを襲っていました。「祐巳、服をお脱ぎなさいっ」‥で、その祐巳ちゃんは乃梨子ちゃんの寝顔を堪能していました。いえ、原作どおりなんですけどね(笑))
(追記:ぐずぐずしているうちに九話が放映されました‥)

 で、七話のラストの伊藤美紀さん(祥子さまの中の方)と植田佳奈さん(祐巳ちゃんの中の方)の演技が素晴らしかったので、ついブログに記事を書きたくなりました。

 瞳子ちゃんに申し込みを断られた祐巳ちゃんがぼんやりと薔薇の館に戻ってきます。(瞳子ちゃんと別れてから祥子さまに会うまでの間には台詞がないので作画の力が光ります)
 薔薇の館の前で待っていた祥子さまと祐巳ちゃんのやり取りは原作でも屈指の名シーンですが、
直接情動に訴えるアニメになるともう‥植田さんの「感情を抑えて無理に微笑んでみせる祐巳ちゃん」から「祥子さまに縋って慟哭する祐巳ちゃん」までの演技が素晴らしいのです。

 祥子さまに心配をかけないように一所懸命に堪えている様子が徐々に綻んでいく様子は聞いていて胸が痛くなりそうでした。
 祥子さまの、祐巳ちゃんにプレゼントを渡すことしか考えていないような態度から、祐巳ちゃんの様子に気がついてお姉さまらしく全力で慰めだすまでの変化を、相変らず、他の人は考えられないほど祥子さまになりきっている伊藤さんが見事に演じられています。

 思わず、原作を読み直してしまいました。

 さてさて、「マリア様がみてる 4thシーズン」ですが、今の所、

「特別でないただの一日」に二話、
「妹オーディション」に二話、
「薔薇のミルフィーユ」の1/3(笑)に一話、
「未来の白地図」に二話、
「くもりガラスの向こう側」に一話、
「仮面のアクトレス」に一話、

で、単行本六冊に九話かかっています。
 もし祐巳ちゃんと瞳子ちゃんのスール成立まで話を進めるとすると、後四冊あるんですよね。
「大きな扉 小さな鍵」
「クリスクロス」
「あなたを探しに」
「薔薇の花かんむり」
 エピソードにかなり大鉈を振るえば、何とかなりそうですが、このあたりは好きなエピソードが多いから、カットされるとちょっと辛いところです。

 前半でも、『「薔薇のミルフィーユ」の黄薔薇編』や『祥子さまの婚約解消』、『令さまと菜々ちゃんの手合わせ』を予告編の台詞で片付けたり(それをギャグのネタにしてしまう感覚は大好きですが♪)、蔦子さんとの関係の説明がないまま、笙子ちゃんが登場したりと、構成上の苦労がかなり滲み出しています。

 とはいえ、原作への思い入れが激しい(でないとSSなんか書きませんって)ですから、ついあら捜しみたいになっちゃいますけど、そこを離れて虚心に見れば、ポイントを押さえてよく整理された脚本と奇を衒わないしっかりとした演出、それに乱れの少ない美しい作画で、十分楽しめる作品に仕上がっていると思います。
>>続きを読む・・・
マリみて | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。